VIBES MEETING 2015(後半)

VMも無事終了してあとは帰るだけです。
沖縄行きのフェリーが出港する鹿児島新港に着くまで少しだけ寄り道したいと思います。
VM2015_9381.jpg
昨日は別府の温泉宿に泊まって関アジやとり天を楽しみながら一人お疲れ会をしました。3日振りの温泉は最高でした。

VM2015_9379.jpg
さあ今日からまたソロツーリングのスタートです。ビフォーVMと較べるとアフターVMはいつも夕暮れを見ているような気持ちになります。

VM2015_9384.jpg
朝から日本の原風景に癒されます。

VM2015_9399.jpg
山を登ると風景がガラリと変わり

VM2015_9403.jpg
力強く雄大な姿を見せてくれます。

VM2015_9406.jpg
水車。そろそろ近づいてきました。

VM2015_9410.jpg
その場所にかかる木製の吊り橋

VM2015_9409.jpg
その場所とは

VM2015_9414.jpg
ばーん!

VM2015_9415.jpg
原尻の滝

VM2015_9425.jpg
東洋のナイアガラ

VM2015_9426.jpg
「日本の滝100選」「大分県百景」のひとつにあげられている名瀑

VM2015_9429.jpg
幅120m、高さ20m。9万年前の阿蘇山の大噴火、その大火砕流によって
もたらされた田園地帯に突如出現するとてもめずしい大滝です。

VM2015_9432.jpg
日本昔話にでてくるような佇まいの民家

VM2015_9433.jpg
だんご汁。素朴で体に染み入るような自然の味。

VM2015_9435.jpg
阿蘇まで走り阿蘇でしか手に入らないものを求めにきました。

VM2015_9436.jpg
写真は切れてしまってますけど一番右に100g 1,900円の特上があります。

VM2015_9437.jpg
それを親切に一人前に切り分けていただきました。氷と一緒にクーラーボックスに入れたので夜食べる頃には程よく解凍されていると思います。

VM2015_9455.jpg
とりあえず阿蘇パノラマラインを通り抜けて高千穂まで行くことに

VM2015_9452.jpg
気持ち良さそう

VM2015_9460.jpg
山頂付近。いまだに白い噴煙があがっています。そしてこの先がまだ通行止めになっていて南阿蘇には行けませんでした。そして来た道を戻ることになり、この日は宮崎最南端の都井岬の崖っぷちでテントを張ろうと思ってたのですが諦めて

VM2015_9489.jpg
青島神社近くの白浜オートキャンプ場に泊まることにしました。テント1張り/1,030円。結果的にここでよかった。

VM2015_9507.jpg
さあ、いよいよ待ちに待った特上馬刺しの登場です。なんですか、この霜降りは!なんだこの甘さは!これはヤバい、ぺろりと平らげてしまった。ご馳走様でした。

VM2015_9509.jpg
まだ夜は長い。口さみしいのでタッキーさんにもらった雲仙ハムも出してしまいます。

VM2015_9535.jpg
これもクセになりそう。キャンプには最高ですね。

VM2015_9556.jpg
おはようございます。今日も素晴らしい朝焼けです。

VM2015_9558.jpg
沖縄とは違った南国感のある宮崎

VM2015_9564.jpg
朝は冷えますね。コーヒーでもドリップしたらかっこいいのですが、普段絶対食べない沖縄そばのカップ麺wこうゆう所で食べるとなんでうまいんだろう。

VM2015_9565.jpg
さあ今日もいきましょう!

VM2015_9566.jpg
朝いちでキャンプ場のすぐ近くにある青島神社の参拝をします。

VM2015_9574.jpg
前から来たかった神社です。

VM2015_9575.jpg
有名な鬼の洗濯板

VM2015_9578.jpg
神社参拝は早朝がいいですね。

VM2015_9580.jpg
人が少なく清浄な空気が気持ちいい。

VM2015_9581.jpg
帰りの参道で中国人の団体とすれ違う。あぶないトコだった。

VM2015_9614.jpg
宮崎県小林市にある「しんぺい食堂」に来ました。

VM2015_9620.jpg
ただの「しんぺい食堂」なら来ることはなかったでしょう。
小林の「しんぺい食堂」です。これは行くでしょう。

VM2015_9587.jpg
時刻はお昼ちょっと前。店の引き戸を開けるとおばちゃんが二人。他にお客は誰も居ない。「沖縄からきた小林しんぺいです」と自己紹介すると盛り上がり話しが尽きないのでこの店で一番人気メニューを注文する。
お母さんが作る家庭的なチキン南蛮がでてきました。きれいに完食しました。

VM2015_9588.jpg
おばちゃん達を記念撮影。青いエプロンの方がママさん。

VM2015_9609.jpg
僕と並ぶと若干険しい顔に。。(笑)

VM2015_9622.jpg
今日の目的は果たしたのでおばちゃんのオススメでえびの高原に行ってみます。

VM2015_9624.jpg
今コスモスがいっぱい咲いてきれいと言っていた。

VM2015_9626.jpg
VM2015_9627.jpg

VM2015_9629.jpg
不動池

VM2015_9628.jpg
生物が少ないことと砂礫地質のために透明度が高く、水深が比較的大きいことから濃い青色になっているそうです。

VM2015_9632.jpg
えびの高原

VM2015_9633.jpg
このススキが火山ガスの影響で「えび色」に変わったことが、「えびの高原」の地名の由来だといわれています。

VM2015_9658.jpg
高千穂河原
かつて霧島神宮があった場所

VM2015_9645.jpg
中岳中腹を少し登ると

VM2015_9646.jpg
すこし赤く色づいてきました。

VM2015_9648.jpg
いつか登りたい。高千穂峰

VM2015_9663.jpg
さて、今日のキャンプ場の枕崎まで走る、ひた走る。

ん?いま何かあったな。引き返す。

VM2015_9661.jpg
磨崖仏

VM2015_9665.jpg
溢れ出す湧き水。近くにちゃんとした無料の「命水」という水汲み場がありました。

VM2015_9671.jpg
南九州の風景。製茶工場が近くにあり日本茶の芳ばしい香りが漂っている。

VM2015_9674.jpg
知覧茶は有名だけどここは松山茶の茶畑

VM2015_9687.jpg
火之神公園内にある無料キャンプ場に到着。

VM2015_9684.jpg
沖にそびえ立つ標高42mの立神岩

VM2015_9675.jpg
開聞岳を見ながら今回のVMツーリング最後の夜を迎えます。
アフターVMはいつも夕暮れを見ているような気持ちになります。

BGMをポチ


VM2015_9698.jpg
夜が明ける直前のグラデーション

VM2015_9706.jpg
ここは神武天皇のおじいさんにあたる山幸彦が最初に着いた海岸だそうです。
なのでこの一帯が山幸彦の別名「火之神」になったそうです。

VM2015_9712.jpg
早朝の公園内を散歩。公園の一角に平和祈念展望台(戦艦大和殉難鎮魂之碑)があります。

VM2015_9714.jpg
太平洋戦争末期の昭和20年4月7日、枕崎市の遥か200km沖で沖縄に向け片道分の燃料を積んで特攻出撃した戦艦大和が撃沈され、40年後の昭和60年になってその沈没地点が確認されました。

VM2015_9717.jpg
枕崎市がそこから至近距離にあるということから、戦艦大和沈没50周年に当たる平成7年に枕崎商工会議所や市民団体等が協力して、東シナ海を臨む高台にある火之神公園内に平和祈念展望台が建立されました。

VM2015_9718.jpg

VM2015_9719.jpg

VM2015_9721.jpg

VM2015_9724.jpg
今日も一日宜しくお願いします。

VM2015_9726.jpg
さて今日は旅の最終日です。まずは枕崎漁港内の食堂で清く正しい日本の朝飯をいただきます。

VM2015_9735.jpg
開聞岳の前を通ると雲が波のようになってます。

VM2015_9736.jpg

VM2015_9737.jpg
いつもの温泉に行ったら、休館日でした。

VM2015_9738.jpg
指宿といったら砂むし温泉ですよね。実は今まで行ったことがなかったです。

VM2015_9739.jpg
意外と熱くて砂も重い。

VM2015_9744.jpg
体の芯から暖まるのがわかる。

いっぱい汗かいて爽快感満点。知覧まで気持ちよく走ります。

VM2015_9748.jpg

VM2015_9751.jpg

VM2015_9752.jpg
観音堂でお参りだけ。所要時間10分。

VM2015_9755.jpg

VM2015_9754.jpg

VM2015_9758.jpg
今回の最終日は予定をほとんど入れてなかったので2〜3年振りにここに来れました。大きな湯呑みに知覧茶を入れていただいたので、ついつい長居して話しをしてしまいました。いつもありがとうございます。

VM2015_9759.jpg
乗船も時間に余裕がありとてもスムーズでした。「最終日は予定を入れない」が教訓になりました。

VM2015_9766.jpg
今回も有り難う御座いました。

VM2015_9777.jpg
一日船に揺られ、我が家に無事に帰還。

VM2015_9808.jpg
帰ってくればもう過去のこと

VM2015_9809.jpg
旅の思い出がまた一つ増えました。

(おわり)
スポンサーサイト

コメント

お疲れさまでした

こうやってシンペーちゃんの旅日記を読んでみると、ワシの旅の慌ただしさが気になりますね (^_^;)
まぁ、旅のスタイルはそれぞれなのですが、久々にテントを背負ってみたくなりました。
でも、弾丸ツアーが大好きなのは直らないカモ♪

何はともあれお疲れさまでした (^o^)

ありがとうございます

毎回VMというイベントが旅のピークになっているので、その後は燃え尽き症候群でテンションは一気に下がります。でも落ち着いてシンプルになった気持ちで走るのも好きです。
あー、また旅したい(笑)

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)