スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石垣島旅行2013(竹富島編)

IMGP0158.jpg
少し前の事ですが、2013年7月7日〜7月12日石垣島に行ってきました。今年の3月に開港したばかりの石垣空港。石垣島を拠点に前半は離島めぐり、後半はリゾートホテルで楽しむ計画です。

IMG_i5194.jpg
ホテルにチェックイン後、離島フェリーターミナル近くのカフェで昼ビール♪

IMG_i5197.jpg
八重山そば。見た目は本島のそばと変わりませんがスープ、麺とも違います。個人的には好きです。

IMGP0174.jpg
まずはフェリーでわずか15分くらいでいける竹富島に行ってきました。

IMGP0188.jpg
まさに竹富島の風景です。いい意味で想像通り!空気感、時間の流れもいい感じです。

IMGP0185.jpg


IMGP0216.jpg


IMG_i5200.jpg
脇道から水牛車が!これです!こんなのをイメージしてました。

IMG_i5217.jpg
ガイドさんの弾く三線と唄をのせながら、ゆっくり、ゆっくりと進んでいきます。

IMG_i5218.jpg
女性は登るのが恐いみたいです。それだけシンプルすぎる見晴し台。

IMGP0200.jpg
まるで映画のセットのようです。

IMGP0204.jpg


IMG_i5236.jpg
ミンサー織り実演。竹富島発祥といわれるミンサー織りに表されている五と四の模様。かつて通い婚の風習があった時代に、想いを込めて、女性から男性に対して贈ったのがこのミンサーだと言われている。柄の特徴として、五つの■が「いつの」を表し、四つの■が「世」を意味する。

IMGP0220.jpg
いまだに木の電柱だ。懐かしいなぁ。僕が小学校の頃は東京もまだ木の電柱が多かった。夕方、大きい蛾がいつもとまっていたり、電柱の小さな外灯の下で縄跳びの二重跳びの練習をしたり、木の電柱を見ているだけで昔の記憶が目の前で思い出す。また島内の砂利道を歩くだけでもビンビン郷愁を感じる。竹富島は水牛車やレンタサイクルに乗ってまわるのも良いが、やはり「徒歩」が断然イイ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。