BONIN ISLAND IN 2003

DSC00076.jpg
最近ブログの更新をあまりしていませんでした。理由としてはまず、仕事が忙しい。特にこのイエローなハウスに引っ越してからは東京並みの注文が入ってます。(やっぱりラッキーカラーYellow!)それに加えまだ家の庭仕事をちまちまやっておりますので。あとfacebookで小ネタは流れてしまうので本ブログはついつい....。そんな訳ですので今日はムリヤリ2003年に小笠原に行った時の写真と想い出話しをアップします。(続きは下)
IMG_1261SS.jpg
義援パッチ募集中

2012.jpg
義援パッチ第二弾 東北SUPPORTERパッチ2012募集中

TOPLOGOS.jpg
アディクションズH.P [MCパッチ、看板、クラブカラー製作、150チーム以上の刺繍サンプル、注文方法]

IMG_5016s.jpg
ROLL-UPPER( ロールアッパー) 義援金ステッカー&Tシャツ

top_rogo_fukkou_sien_l.jpg
ZEKE 東日本復興支援 RISE RING
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いままで義援パッチご協力いただいた皆様
いままで東北サポーターパッチにご協力いただいた皆様
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
DSC00057.jpg
この時はまだ横浜のミスミエンジニアリング内を間借りして気張っていた時です。今と較べたら仕事量は全然少なかったのですがミシンがまだ1台しかなかったので必死だった。家に帰るのはいつも朝2時から4時くらい。3年目もすると完全に昼夜が逆転していた。この時は毎日ロードキングで通勤してたし職場も楽しかった。特に毎日深夜までフランクさん達と話してるのが最高だった。でも疲れやストレスは蓄積していたようで目と耳がおかしくなってしまった。気分転換になぜか小笠原行きの船に乗っていました。

DSC00113.jpg
確か21くらいの時、建築の仕事で父島に来た事がありますが今回(2003年)10年振りに来て島があの時と何も変わっていないことに感動した。

DSC00063.jpg
唯一テレビがNHKしか写らなかったのが今回は衛星が見れた。

DSC00071.jpg
カメがキラキラ光ってます。内地の東京を離れ、ここでは仕事も忘れ自由な空気感が気持いい、懐かしいなこんな感じ。考えたら刺繍をやりだしてから旅どころか旅行もしてなかったな。

DSC00096.jpg
レンタバイクを借りた。島は小さいので原付で十分まわれる。

DSC00097.jpg
前に来たときこの下に見えるビーチに行きたかった。しかしどうやって行こう。

DSC00085.jpg
下のビーチに行くにはガジュマルが生い茂るジャングルの急勾配の斜面を下りるしかなかった。でも誰が作ったのか(旧日本軍か?)丸太の雑な階段を下りてゆく。

DSC00086.jpg
飲み水も残り少ないし、帰りの事を考えると恐かったがとにかく下に降りた。突然、無人のビーチが現れた。美しい海だ。時間の感覚が無くなっていく。見るものすべて明るく生き生き見える。着ているものすべて脱ぎ、海で泳いだ。自分も生き返ったみたいだ。やっぱり病んでいたんだな~。

DSC00098.jpg
気が付くと目と耳、直ってるかもしれない。まさに自然治癒だ。ただ歩いているだけなのに心が弾むような気分になる。

DSC00083.jpg
しかし、ここもただの楽園の島ではない。この島も戦争の爪痕が残っている。この辺りが島の高台であの細くのびた岬が日本軍の滑走路だったそうです。

DSC00100.jpg
父島要塞。硫黄島と同じく要塞化された父島。硫黄島陥落後、空襲は受けたものの直接戦闘が行われることなく終戦となった。

DSC00108.jpg
砲台跡

沈没船
沈没船

DSC00084.jpg
東京から南に1000kmの東京都小笠原村。緯度は沖縄と同じだけど特化した歴史も文化もない無人(ぶにん)アイランド。東京竹芝桟橋からおがさわら丸で25時間の船旅でしかこの島に訪れる事はできない。最短でも5泊6日の旅(その内2泊は船の中)そのため手つかずの美しい自然が残る島。人間に戻してくれてありがとう。

DSC00119.jpg
三泊した民宿に咲いていたランタナの花。花なんて今までかわいいと思った事なかったよ。

また小笠原に行きたいとは思うけど、旅も縁だから。また行ける時期が来たら行ってるかもしれません。
スポンサーサイト

コメント

小笠原

ワシは2006年にプー太郎をしている時…あっ、シンペーちゃんと出会う直前に行っていますねぇ(微)
ふむっ、なんのオリジナル文明もない島でしたが自然の美しさというか、強さと優しさが良く分かる島でした。

縁ですねぇ

本当に何もない、いや自然そのままの島ですよね。人間もとても謙虚に生きてました。最近は内地からの移住者が増えてるみたいですね。でも生命線のおが丸が台風で欠航すると島のスーパーから食料がなくなって大変みたいです。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)