ウンガミ

P8240005.jpg
大宜味村の田港・屋古・塩屋・白浜の四集落が共同で旧盆明けの初亥の日に行う「ウンガミ(海神祭)」は五穀豊穣、無病息災を祈願する祭り。その歴史はおよそ500年といわれる。

IMG_1261SS.jpg

TOPLOGOS.jpg
アディクションズH.P [MCパッチ、看板、クラブカラー製作、150チーム以上の刺繍サンプル、注文方法]
P8240019.jpg

P8240002.jpg
祭りのハイライト・爬竜船競争(ウガンバーリー)ウンガミの爬龍船競漕では田港、塩屋、屋古の3地区がそれぞれハーリーを出して、屋古の海岸から対岸の塩屋に向けて競争します。競漕を行うハーリーは大小2種類あり、小さなハーリー同士、大きなハーリー同士で競います。

P8240014.jpg

P8240017.jpg

P8240018.jpg
それぞれの地区の女性たちが伝統の衣装を着て、海に入り腰まで海水につかって自分たちの地区のハーリーを迎えます。


ハーリーがゴールすると、乗組員も櫂を持ったまま海に飛び込んで、櫂と櫂を打ち合わせて互いの健闘を讃え合います。

P8240025.jpg
最後に神事を司る“カミンチュ”と呼ばれる神女がニライカナイの来訪神を迎える祈願が行われた。

塩屋湾地区の集落ができた400~500年くらい前から行われているのではないかと言われています。豊漁豊作を祈願するウンガミは沖縄本島の北部一帯で行われていましたが、今現在、祭祀の原形に近い形を留めているのは塩屋湾のウンガミのみといわれています。
スポンサーサイト

テーマ : 沖縄 - ジャンル : 地域情報

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)