ブーツ製作状況3

DSC00331.jpg
出し縫いという工程です。松脂、オイル、蜜蝋を混ぜ、煮て固形化した物を麻糸にすり込んで強い糸を作ります。手縫いにしているのは修理の際革に負担をかけないように再び同じ穴に糸を通す事ができる為です。

DSC00330.jpg
機械縫いには無い手縫いならではの味わいも表現でき、マシンとのガチンコ勝負の場面でもあるとの事です。ものすごく手間と労力がかかっていることがよくわかります。

DSC00329.jpg
ホワイトクラウドで使用する釘は現在スチール、ステンレス、ウッドペグ(木釘)3種類となります。各パートごとに使い分けていますが、ウッドペグを使用しているのは錆びず中底(足裏に触れるパーツ)にかかる負担を軽減できる為、スチールですとある時期を越えると錆びて中底に大きな穴を開け再生不可能になります。長く履く事を想定し考えた製法であります。
スポンサーサイト

テーマ : おすすめ - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)