SATSUMA SPIRIT

IMG_8097.jpg
富屋旅館に入る前にこれまたいつものように知覧武家屋敷跡を散歩しました。この雰囲気はたまりませんね。

IMG_8104.jpg
純和室はまさに美的空間です。今の時代いかにモノが中心かと思います。

IMG_8098.jpg
縁側の襖を開けると手入れの行き届いた庭が現れます。ここには自然の美があります。

IMG_8110.jpg
景観を損ねないように徹底していますね。

IMG_8112.jpg
帰りは表通りを通って富屋旅館まで歩いて「薩摩の小京都」を堪能します。

IMG_8114.jpg
酔っぱらって鯉の中に落ちる人はいないのでしょうか。

IMG_8120.jpg
富屋旅館に着きました。富屋旅館は田舎のおばあちゃんの家のような、心あたたまる旅館です。特攻の母、鳥浜トメさんが女将をしていた時代とあまり変わらない姿で、今も営業を続けておられます。明日の朝はトメさんのお孫さんにあたる現女将のお話を聞きました。トメさんと特攻隊員の話から色んな話が出てきます。「平和の祈り」「感謝の心」何度聞いても女将のお話は心に刺さり魂が震えます。

IMG_8115.jpg
トメさんの観音様の部屋。

IMG_8118.jpg
観音様の正面の壁に寄贈したSAKURAスカジャンが展示されていました。凄く嬉しかったです。

IMG_8126.jpg
翌日は霧島神宮に参拝しましたが

IMG_8133.jpg
僕はやっぱり高千穂河原の方が大好きです。

タマ2号と鹿児島空港で別れ、替わりに今回イベントのお手伝いをしてくれるASMCのR氏とマツケンサンバー号でバイブズミーティング会場に向かうのでした。
スポンサーサイト

コメント

 沖縄を目指して飛び立った崇高な精神を持つ若人達の御霊に合掌。

全ての戦没者に合掌。

この御国の礎となられ復興の努力を捧げた多くの人達に感謝。

これからも見守っていて下さい。

 

ありがとうございます。

富屋の女将さんから今回も色々学びました。
人と思い合うという精神を大切にしたいです。

自分40、相手60

これくらいで生きたいと思います。




ありがとうございます。

来年こそは…薩摩上陸したいなぁ~

薩摩だけ、まだ行ったことがないのです

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)