fc2ブログ

VM RUN 2017 (八雲立つ)

22154450_1141781002589205_2365641204005528163_n.jpg
スサノオノミコトが、ヤマタノオロチを退治されたあと、クシナダヒメを伴って、八雲山の麓に至ったとき、「吾此地に来て、我が御心すがすがし」といわれたことから、この地域を須賀(スガ)というようになった。

22154501_1141781015922537_7745994938076987963_n.jpg
須我神社から山の方へ約2キロ程度行くと、八雲山への登山口が出てきます。
八雲山登山口 須佐之男命御岩座夫婦岩まで400Mという案内板がある。ここから山道へ入って登る。

IMG_2526.jpg
杖を借りて登ります。

IMG_2538.jpg


IMG_2530_20171029175722868.jpg
禊場。
ここで身を清めて

IMG_2533.jpg


22089983_1141781062589199_837773071018763332_n.jpg
鳥居が見えました。
ここからさらに聖域に入ります。

IMG_2534.jpg


IMG_2543.jpg
登山道には俳句が刻まれた岩が多数並びます。

IMG_2550.jpg
見えてきました。階段の上に磐座が鎮座しております。

22089827_1141781112589194_612807303349318697_n.jpg
階段一歩登るごとにそのご神体は大きくなり、眼前に現れた姿に畏怖と圧力を感じる。でも静寂の中に寄り添う家族のような安心感もあった。

IMG_2549.jpg
須我神社奥宮 夫婦岩

【主祭神】
須佐之男命(すさのおのみこと)

奇稲田比売命(くしいなたひめのみこと)

御子神の清之湯山主三名狭漏彦八島野命(すがのゆやまぬしみなさろひこやしまのみこと)

【三十一文字和歌発祥の地】
“八雲立つ 出雲八重垣 つまごみに 八重垣つくる 其の八重垣を”
この地にたちのぼる美しい雲を見て、須佐之男命が詠まれた和歌で、日本で初めての和歌になる。
そしてこの和歌にある「出雲」が出雲国の名前の起源と言われる。

22089371_1141781155922523_716331816324774067_n.jpg
1時間後には出雲大社に着いた。

22154357_1141781259255846_3023380603828933029_n.jpg
素鵞社(そがのやしろ)ここも素戔鳴尊
本殿の真裏にあるため工事中は入れなかったけど、久し振りに参拝できました。
そして偶然、若い女性が頭を下げているいい写真が撮れました。
美しい姿に少し感動しました。

22141105_1141781265922512_6945224606191844231_n.jpg
うまい具合に小腹が空いたので割り子そば。更科よりガリガリ荒いそばが好きなのです。

22089859_1141781299255842_6542204100115343229_n.jpg
日御碕神社にも間に合いました。

22221501_1141781302589175_175879606647880492_n.jpg
稲佐の浜
だいぶ日が暮れてきました。これから境港まで行けるかな。

22195990_1141781352589170_8966520354008109097_n.jpg
やはり夜になってしまいました。魚市場でエビを買ってキャンプで酒の肴にしようという計画は失敗しました。

22089555_1141781342589171_4110606422553474796_n.jpg
しかたないので歩いて池田屋に行き海鮮丼を頂き、イカ軟骨唐揚げを持ち帰りしてテントでさらに晩酌を楽しみました。キャンプでもこういうパターンが使えると幅が広がります。今日も無事故で充実した一日に感謝!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ししゅう屋シンペー

Author:ししゅう屋シンペー
刺繍屋アディクションズ
THE ADDICTIONS EMBROIDERY WORKS
720-0541
広島県福山市金江町金見3615-1
Tel 084-939-5268 Fax 084-939-5269
不定休、イベントなどで臨時休業あり
ADDICTIONS公式 H.P

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ