FC2ブログ

パッチへの道(THE LEAGUE OF GENTLEMEN様)

tlog01.jpg 
今回はTHE LEAGUE OF GENTLEMEN様のMCパッチを製作します。イラストレーターデータ入稿ですがここまで完璧なデータはめったにありません。デザインもカッコいいし作り手もワクワクしてきます。このデザインに負けない刺繍を作りたいと思います。

tlog02.jpg 
まずは文字から。実際には黒のワッペンベースに白糸刺繍ですが画面上ではこのような感じで表示されます。まあ、ここは特に何も問題ありませんのでサクサク刺繍データを作っていきます。

tlog03.jpg 
トップロッカー、ボトムロッカー(上下帯)のデータを作り、いよいよカラーの肝であるセンターパッチのスカル部分のデータ製作です。まずはワッペンベースを何色にするか決めます。このデザインを見ると普通白のベースを使いますよね。と言うのはデザインを見た時どの色の面積が大きいか見ます。そして多い面積の色をワッペンベースにします。この場合ですと白ベースに黒糸の刺繍ですね。手法としては何も問題はありませんし効率もいいです。うちも白ベースを選択しました。ただ違うのはうちは総刺繍です。パッと見たとき総刺繍がいいと思いました。刺繍時間は倍くらいかかりますがデザインは無視出来ません。せっかくデザインがカッコいいので刺繍もカッコ良くしたいですよね。まずはハットと顔の下となる部分(最終的に見える部分は目と鼻だけになります)の黒の刺繍データを作ります。

tlog04.jpg 
そして顔の部分ですが、お分かり頂けますでしょうか? 実際に刺繍した時に光のあたり具合でリアルなスカルに見えるように刺繍の縫い方向を変えています。白のワッペンベースに黒刺繍のみですとこの顔の部分はワッペンベースの地(白)のままですのでこのような立体感はでません。永年使用した場合にも刺繍部分の汚れや味の付き方もかなり変わると思います。

tlog05.jpg
次はトランプ部分です。トランプは薄くて平面なのでここはさすがに白ベースのままでいいと思いますよね。でも糸を入れた方がいいですね。青い方向線が見えますでしょうか?こうゆう方向で刺繍したほうがリアル感でますよね。

tlog06.jpg
どうでしょう?刺繍方向線と別に斜めに走っている線がありますがこれは下打ちといって本刺繍の下地縫いですので実際には見えません。ちなみに顔の刺繍は縫い幅が長めでランダム縫い密度は濃くしてより立体的になるようにしていますがトランプは普通の畳縫いなので平面的な刺繍になります。

tlog07.jpg
手と指。当然ここも糸を入れます。指も顔と同じボリュームのある刺繍にして立体感を出します。

tlog08.jpg 
白糸の後、黒糸でアウトラインを入れます。指の隙間が見えますよね?ここが唯一ワッペンベースの白地が見える部分です。この部分の為にベースを白に選んだのです。

tlog09.jpg 
刺繍データ完成です。次は試し縫いです。

IMG_5419.jpg
それでは刺繍スタート。まずはハットと顔の下の黒を縫い潰します。

IMG_5421.jpg
ベタ縫いなのでけっこう時間がかかります。

IMG_5422.jpg
黒糸の下地の上から白糸でスカルの刺繍をします。

IMG_5426.jpg
目や鼻、ひび割れなどが下地の黒が見えるところです。黒刺繍の上に白糸をのせているので骨だけ盛り上がりリアル感がでるのです。下地の黒は無駄ではないのです。

IMG_5432.jpg
顔は終了、次はトランプと手の骨です。「その1」でご説明したようにトランプを平面的に刺繍することで指の立体感を強調したいと思います。

IMG_5441.jpg
指の刺繍です。トランプとの縫い方に違いがあるのが分かりますでしょうか。

IMG_5454.jpg
しかも骨のパーツパーツでも方向線を変えてリアルに見える様に刺繍します。

IMG_5457b.jpg
いかがでしょう、手の骨らしくなりました。今度は黒糸でふちどりを入れていきます。

IMG_5459.jpg
完成です。約2時間、思ってたよりは早かったですね。

IMG_5433.jpg
帯も完成。

IMG_5434b.jpg

IMG_5435.jpg

IMG_5460.jpg
では上から光を当てていろんな角度で見てみましょう。

IMG_5462.jpg
顔のパーツも方向線を変えていますので光が当たる角度によって糸の明るさが変わります。

IMG_5463b.jpg
トランプの上に指が乗っている感じが見ても触ってもわかります。

IMG_5461.jpg
歯の縫い方も顔の骨と変えてあります。歯っぽくなってます。明日から量産に入ります。

R0011684w.jpg
量産完了しましたので昨日ベストを発送いたしました。
今回はアディクションズを選んで頂き有り難うございました!!
スポンサーサイト

パッチへの道(時遊會様)その2

IMG_5325.jpg
真ん中が銀糸です。両脇は濃さの違うシルバーです。

時遊會2
全体のサイズ変更(w32cm→w28cm)さらに下帯を短くし全体を逆三角形に。下帯は文字数が多いのでこれ以上は短くなりません。シルバーの色を銀糸くらいのトーンに統一しました。

パッチへの道(時遊會様)

時遊會2
時遊會MC様のデザイン出来ました。全体のサイズ変更(w32cm→w28cm)さらに下帯を短くし全体を逆三角形に。下帯は文字数が多いのでこれ以上は短くなりません。シルバーの色を銀糸くらいのトーンに統一しました。

IMG_5326.jpg
本日より刺繍作業に入りました。帯とセンターパッチのブルドッグの2台同時スタートです。

IMG_5327.jpg

IMG_5331.jpg
帯完成。糸が白く見えますがシルバーグレーの糸を使用しております。

IMG_5333.jpg
手直しする所はなさそうです。

IMG_5330.jpg

IMG_5334.jpg

IMG_5338.jpg
ブルドッグも完成。こちらもシルバーグレーの糸をベースに葉巻などハイライトに白を使用しています。

IMG_5336.jpg
明日から量産に入ります。

今日の刺繍(12/20)

IMG_5022.jpg

IMG_5029.jpg

IMG_5024.jpg

年末モード

IMG_4966.jpg
12月もあっという間に中盤ですね。仕事の方は10月のVM~一人旅から帰ってきてからず~っと忙しく、ほぼミシンはフル稼働。あれからどこにも遊びに行けてません。先月は東京に居た時と同じくらいの仕事量と売り上げでした。今は新居関連の出費がバンバン出て行くのでひたすら頑張るのみです。引っ越しが12/20に決まりましたので今年の仕事は12/19までとなります。現時点で受けている仕事はそれまでに納めたいと思ってます。

IMG_4973.jpg

IMG_4972.jpg

IMG_4971.jpg
今年もラストスパートです。がんばりましょう!

U.C.Cパーカー2012モデル

IMG_4929.jpg
やっとこさデータが出来ました。プリントアウトのA4用紙のスキャン、アウトラインの作成から刺繍データをおこしました。針数はなんと12万針。本日試し縫い、スタートからフィニッシュまで3時間!これをパーカーの背中にダイレクト刺繍です。なんと贅沢な!

IMG_4931.jpg

IMG_4934.jpg
明日から本番いきますか。

R0011043.jpg
一着目の背中完成。

フレンドパッチ

R0011000.jpg
フレンドパッチを作る時に多いのがMCパッチのデザインをそのまま縮小して丸形のワッペンに収めるパターンです。この場合センターパッチ(中央絵柄)はそのまま縮小、トップ、ボトムロッカー(上下帯)はワクを外して文字だけを配置します。大抵このパターンでうまく収まります。

R0011002.jpg
CROSS HEAD様もこのパターンでした。

R0010999.jpg
ただしセンターパッチがMCパッチの状態でかなり細かいデザインですと縮小したときにはさらに細かくなり刺繍は不可能になります。その場合は道楽様のようにそれほど細かくないドラゴンの顔の部分をシンボル的に使用する方法があります。文字も空いたスペースにうまく配置すればパッチの縮小版ではなくオリジナルデザインのチームワッペンとなります。
IMG_1261SS.jpg

TOPLOGOS.jpg
アディクションズH.P [MCパッチ、看板、クラブカラー製作、150チーム以上の刺繍サンプル、注文方法]

パッチへの道(道楽様)

douraku2.jpg
道楽様パッチ製作です。デザインを気に入っていただけるまで変更、修正していきます。

douraku3.jpg

douraku4.jpg

douraku5.jpg

douraku7.jpg

IMG_4093.jpg
本日より刺繍作業に入りました。

IMG_4094.jpg
試作、微調整のあと量産に入ります。同時にドラゴンの刺繍データ作成に入っておりますがデザインが非常に細かいので少し時間がかかりそうです。来週の中頃には刺繍データ完成、刺繍作業に入れると思いますので宜しくお願いいたします。

douraku8.jpg
刺繍データようやく完成です。色数も多くかなり細かいデザインだったので時間かかりましたがこれで明日から試し縫いに入れます。この絵が刺繍になるのを早く見てみたいです。

IMG_4152.jpg
本日の前半に試し縫いを1回行い、少しだけ修正を加えて本日2回目の試し縫いとなります。

IMG_4153.jpg
スタートして2時間経過。

IMG_4156.jpg
3時間半経過。完成が見えてきました。

IMG_4157.jpg
完成。なんと4時間!やはり実際に糸が入る事により存在感のある質感になりました。

IMG_4161.jpg
面白いのが、今回の龍の胴体など縫う方向が一定でないために光の加減で刺繍の光沢が変わります。

IMG_4158.jpg

IMG_4159.jpg
写真ではよく分かりませんね。実際お手元に届いたら色んな角度で刺繍を見て下さい。

IMG_4166.jpg
1日に2枚しか生産できませんが明日より量産いたしますのでもうしばらくお待ち下さい。

IMG_4173.jpg
サングラス修正しました。ご確認ください。ようやく1枚のデザイン画がから糸をひたすら縫い込んだ刺繍の作品へとして生まれ変わりました。

R0010987.jpg
フレンドパッチも出来ました。あとはベストが来て縫い付ければ完成です。もうしばらくお待ち下さい。宜しくお願いいたします。

IMG_4924.jpg
遂に完成しました。永らくお待たせ致しました。
こだわった分だけ素晴らしい仕上がりとなりました。

IMG_4922.jpg
本当に有り難う御座いました。

パッチへの道(DEEP ROSE様)

DEEP ROSE
メールでいただいた画像をトレースしてデジタルデータに。バラはハイライトをつけ濃淡を出しました。帯の形と文字のフォントは指定したものを使用しました。

IMG_3826.jpg
本日より刺繍作業です。スカルやバラは少し質感を出すため縫い幅を若干広く、ステッチも25%ランダムで縫ってます...

IMG_3953.jpg
大変お待たせいたしました。パッチ完成後、持ち込みベストに縫い付けも完了。本日発送いたしました。
刺繍屋アディクションズを選んで頂き有り難う御座いました。

パッチへの道(MOUNTAIN PATH様)

mpn1.jpg
手書き原稿を何度も修正してようやくOKをいただきました。かなりやりごたえのあるデザインです。まずは上下の帯から始めてみます。

mpn2.jpg
一見シンプルに見えますが中々刺繍屋泣かせのデザインです。文字に1mmのフチが二重になっています。

IMG_2874.jpg
ほんとに泣かされました。二日間格闘してようやくイメージに近いものができました。

IMG_2876.jpg

IMG_2875.jpg
明日からインディアンヘッドです。

mp6.jpg
同時進行していたセンターパッチのデータも出来ているので今日から試し縫いです。一回縫ってみて微調整してこれから本刺繍です。リアルなデザインなので刺繍行程を見ていると楽しいです。では続きをどうぞ...

IMG_2950.jpg
顔のベースと濃淡を先に刺繍します。

IMG_2956.jpg
輪郭と黒のラインを刺繍します。なかなか渋い顔です。

IMG_2957.jpg

IMG_2962.jpg
羽飾りのシャドー部分をグレーで刺繍。ここは最後ほとんど見えなくなりますが効果はあります。(あとで説明します)

IMG_2972.jpg
羽のベースを黒で刺繍。

IMG_2981.jpg
羽の小骨を白で刺繍。これでシャドー部分のグレーはほぼ隠れてしまいます。

IMG_2983.jpg
しかし小骨の両脇にかろうじて透けて見えます。(画像では白とグレーの差は分かりません)これで少し小骨が立体的に見えるのです。たぶん言われなければ分からないです。

IMG_2986.jpg
細かい羽毛の線を入れてさらにリアルに挑戦。

IMG_2995.jpg
フィニッシュは近いです。

IMG_2997.jpg
でけた~、まさに威風堂々。

IMG_2998.jpg
やりがいのある作品でした。楽しかったです。

IMG_3004.jpg
カドヤベストに乗っけてみるとこんな感じですね。
なんとか連休前に間に合いました。明日発送できると思いますので宜しくお願いいたします。
アディクションズを選んで頂き有り難うございました。

パッチへの道(FAMILIA様)

FAMILIA.jpg
すでにデザイン、刺繍データは出来上がっており、いよいよ刺繍本番です...

IMG_2671.jpg
まずは帯から刺繍。

IMG_2668.jpg
出来ました。FAMILIA SAITAMA!

IMG_2677.jpg
続いてセンターパッチ。赤と白の2色仕様。先に赤を入れます。

IMG_2678.jpg
最後に白が入ります。

IMG_2679.jpg
完成!渋いカラーになりそうですね。明日から量産です。

IMG_2994.jpg
大変お待たせしました。
量産、縫い付け完了しました。本日発送いたしました。

アディクションズを選んで頂き誠に有り難う御座いました。

パッチへの道(ALWAYS様)

always2.jpg
今回ALWAYS様のMCパッチ依頼です。デザイン入稿はイラストレーターでしたのですぐに刺繍データ製作に入れます...

always3.jpg
作業に入って2日目の今日、刺繍データが完成しました。

always1.jpg
帯は短めでしたがセンターパッチが大きいのでこのような配置になります。
明日より試し縫いに入ります。

IMG_2469.jpg
試し縫いスタート...

IMG_2468.jpg
まずはスカルのベースを縫い潰します。

IMG_2473.jpg
目が入ります。ベースを縫う時に目の部分を抜けば時間短縮になるのですが、やはり質感重視です。

IMG_2480.jpg
刺繍を開始してから1時間半経過して大分見えてきましたね。もうちょっとです。

IMG_2491.jpg
完成!

IMG_2492.jpg
修正箇所見当たりませんでした。一発OKです。

明日から量産、帯の刺繍もはじめます。

IMG_2496.jpg
帯の刺繍が始まりました...

IMG_2511.jpg

IMG_2510.jpg

IMG_2513.jpg
きれいに刺繍が入り帯完成です。量産後、カドヤベストに縫い付けしますのでもうしばらくお待ち下さい。

IMG_2644.jpg
本日縫い付けまで終わり発送させて頂きました。

アディクションズを選んでいただき有り難う御座いました!

パッチへの道(THE IRON HORSE WARRIOR様)

tihw.jpg
黒塚の鬼をセンターにMCパッチデザインが出来ました。

117.jpg
「黒塚」(くろづか)は、能の演目の一つ。そして白頭の般若が出てくるのも「黒塚」...

megumi.jpg
髪の毛1本1本まで刺繍データを作りました。

megumi3.jpg
データ修正しました。完成までの流れをご確認下さい...

IMG_2680.jpg

IMG_2689.jpg

IMG_2711.jpg

IMG_2714.jpg

IMG_2721.jpg

IMG_2806.jpg

IMG_2807.jpg

IMG_2808.jpg

IMG_2805.jpg
縫い付け予定のベストの上に置いてみました(まだ縫い付けていません)再修正なければこれで縫い付けしますのでご連絡ください。

megumi2.jpg
お客様より今回のデザインはとりあえず保留して、もう1案のデザインを作ってみてから最終的にどちらにするか決めるということになり、イメージをFAXしていただきました。

skullfire.jpg
今度はいかがでしょう?基本色のグレーに見える部分は銀糸です。

IMG_1253.jpg
手前が金糸、奥が銀糸となります。

IMG_2623.jpg
刺繍データが完成しました。トータルで10万針数です。本日より試し縫い作業開始です。まずはスカルベースとなる銀糸をびっしりと縫い潰します...

IMG_2626.jpg
目が入り、シャドー色の刺繍です。

IMG_2628.jpg
2時間後、刺繍終了。いまいちですね。シャドーをもっと濃くしてコントラストを強調したほうがいいです。あとハイライトも白すぎて不自然です。

IMG_2629.jpg
色設定を変え、やり直し。

IMG_2630.jpg
やはりこっちの方が力強い感じです。

IMG_2631.jpg
完成。

IMG_2633.jpg
左が修正前、右が修正後。

IMG_3007.jpg
本日縫い付けが完了しました。途中からデザインが増えて最終的には2デザインのベストになりましたが個人的に楽しむ分には良いものかと思います。それにしてもワンオフベストが2着、贅沢です...


パッチへの道(周遊旅団様)

syuyu05.jpg
周遊旅団様のMCパッチ製作です。今回は手書き原稿の写真をメールで送って頂きました。
まずはセンターパッチから作りたいと思います...

syuyu04.jpg
まずは外形をきめて中心を出します。あと小さい丸が32個ありますので11.25度回転しながら等間隔に配置しました。手書きの小さい丸が少しずれているのが分かります。

syuyu03.jpg
羅針盤の中も正確に作りました。

syuyu02.jpg
あとは重なる部分をカットすれば

syuyu01.jpg
出来上がりです。今日はここまでです。

syuyu04.jpg
まずは外形をきめて中心を出します。あと小さい丸が32個ありますので11.25度回転しながら等間隔に配置しました。手書きの小さい丸が少しずれているのが分かります。

syuyu03.jpg
羅針盤の中も正確に作りました。

syuyu02.jpg
あとは重なる部分をカットすれば

syuyu01.jpg
出来上がりです。今日はここまでです。

syuyu06.jpg
上下帯のaiデータ出来ました。周遊旅団は白文字に赤ふち、SAITAMAは白文字に銀ふち、ともに文字にふちが入ると輪郭がぼやけます。一応ふち無しバージョンも作ってみました。左が文字にふち有りバージョン。右が文字にふち無しバージョンです。

syuyu07.jpg
漢字書体と文字ふち色、センターパッチの大きさ修正しました。いかがでしょう?
使用糸色は白、赤、黄、金、銀です。糸の金銀は画像では表現できませんが

IMG_1253.jpg
実際にはこの糸が金糸、銀糸です。

syuyu08.jpg
本日、刺繍データが出来ました。明日から刺繍本番です。

IMG_1287.jpg
本日から刺繍作業に入りました...

IMG_1289.jpg
順調、順調♪

IMG_1291.jpg
センターパッチの刺繍完成です。

syuyu09.jpg
帯データ完成です。試し縫いを繰り返し、ようやく本チャンです...

IMG_1390.jpg
まずは文字。版下では白文字に銀糸の縁取りですが実際にはふちの銀糸から刺繍していきます。

IMG_1395.jpg
どうせ上に白文字が乗っかるので刺繍しなくても、と思われるかもしれませんが、ここはアディクションズでは重要と考えておりますので、しっかり土台を作ります。

IMG_1396.jpg
縁取り用の土台の縁取りも忘れてはいけません。このひと手間も重要です。

IMG_1411.jpg
やっと文字の刺繍に入れます。

IMG_1421.jpg
銀と白なのでちょっと見にくいですが白文字に銀糸が縁取られた様になっています。なにより土台をしっかり作ったことによって段差による立体感がでました。

IMG_1430.jpg
上帯の刺繍完成です。かなり豪華。

IMG_1438.jpg
下帯も出来ました。

IMG_1443.jpg
あとは裏地をプレス機で圧着してヒートカットすれば完成と成ります。

今回、持ち込みベストへの縫い付けまでのオーダーですが縫い付けSTAFFさんの連休明けからの作業となりますのでもう少しお待ち下さい。 宜しくお願いいたします。

パッチへの道(OKIRAKUTAI様)その壱

okiraku03.jpg
今回依頼のMCパッチの版下はデータ入稿です。横浜の看板屋さんなのでデータは完全にプロ級でした。

aiの完全データをメールで送って頂きました。

それでは製作に入って行きましょう...

okiraku02.jpg
まずは帯だけを集めます。AIデータは下絵として使います。

okiraku01.jpg
せっかくパスデータがあるのですが使えないのです。

okiraku04.jpg
これを下書きとして2本ペンツールを使って刺繍データを作って行きます。

okiraku07.jpg
上帯データ完成。

okiraku08.jpg
下部分も2本ペンツールで地道に進めて行きます。

okiraku09.jpg
帯の刺繍データ完成です。

IMG_1216.jpg
本刺繍に入りました。

IMG_1218.jpg
OKIRAKUTAI帯完成です。

okiraku13.jpg
今日はセンターパッチの刺繍データ作りと試し縫いをします...

okiraku12.jpg
aiデータは下絵として使用します。木の根も一本一本作ります。

okiraku11.jpg
これでホントの木の根のように成るはずです。

okiraku10.jpg
数時間後、刺繍データ完成しました。

IMG_1229.jpg
試し縫い終了。

IMG_1230.jpg
違いがお分かり頂けますでしょうか。羽はボリュームのある感じで、剣は目の細かく堅い感じです。

IMG_1231.jpg
木の根もいい感じです。これは一発OKか?と思いましたが、

IMG_1232.jpg
縫い潰す際に糸がオーバーラップする所で出るのですが、ちょっと目立ちますね。明日直して縫い直します。よければそのまま量産に入ります。

IMG_1272.jpg
OKIRAKUTAI様MCパッチ完成しました。今回はパッチのみのご注文でしたのでKADOYAベスト(LL)の上に置いて撮影しました。

IMG_1270.jpg
明日4/24に発送いたします。アディクションズを選んで頂き有り難うございました。

パッチへの道(UNBALANCE様)

un6.jpg
UNBALANCE様のMCパッチ製作です。今回は版下の作成から依頼されました。まずはネットから画像を送って頂きました。これらを合体させセンターパッチの版下を作って行きます。

真ん中の家紋の上に甲冑の上半身を重ねる。

右の面を左の顔部分にはめ込む。しかし写真はすこし横を向いているのでこれを正面に向かせなくてはなりません。ここは後で手書きで想像しながら描くしかありません。

それでは版下と同時にデータ作成を始めたいと思います。

un4.jpg
まずは家紋のトレースから。中に甲冑が収まるため家紋の中は作っていません。

un5.jpg
腕を人が着ているようなシルエットにして欲しいとの希望でしたので腕のアウトラインを追加しました。

un3.jpg
数時間後、ついに甲冑の上半身のデータが完成。

un2.jpg
では合体させてみましょう。家紋の黒と兜の黒がかぶってしまいました。

un1.jpg
家紋のトーンを下げてみました。これなら見やすくなりました。

IMG_0981.jpg
斜めを向いているお面の写真を観ながら正面をイメージして下絵を描きました。これをデータ化して昨日までに作った兜の中に合成します...

un10.jpg
下絵をトレース。アウトラインを作成します。

un9.jpg
色付けしていきます。では甲冑に合わせてみましょう。

un7.jpg
家紋の色はシルバー(刺繍では銀糸)にしました。白ベースにシルバーだとメリハリがないですね。

un8.jpg
ベースを黒だとこんな感じです。

un14.jpg
喉部の板物を前面に出してみました...

un13.jpg
兜と面のみを家紋の中に入れたパターンも見てみたいと要望されましたので。家紋からはみ出さないで配置してみました。家紋の中央部の抜き部分は隠れません。

un12.jpg
家紋の中央部の抜き部分が隠れるまで兜と面を拡大しました。

un11.jpg
家紋ベースを黒に。こうなると家紋には見えなくなりますね。やはり2つ上の家紋内に納めたデザインか一番上の上半身の配置のどちらかがいいと思います。家紋の白/銀も実際の刺繍糸の銀糸だと大分雰囲気が変わると思います。

un18.jpg
お客様よりモノトーンも見てみたいという要望がありましたので作ってみました。グレー系を使うので家紋のシルバーにグラデーションをいれてみました。帯のデザインも出来ましたので合わせてみましょう,,,,

un17.jpg
ベスト上でパッチを配置してみました。

un16.jpg
もうひとつのご要望が家紋をなくして兜を大きく、です。あっ、いいかもしれませんね。兜の縁取りが白ではっきりしすぎるので

un15.jpg
明るめのグレーにしてみました。全体がモノトーンになったので渋くなりました。

un19.jpg
最終デザイン

IMG_1136.jpg
帯の刺繍データ完成後、本刺繍です。問題無し、一発OKです...

IMG_1137.jpg

IMG_1139.jpg

IMG_1140.jpg

un20.jpg
センターパッチの刺繍データもなんとか今日中に出来上がりました。
明日は試し縫いです。

IMG_1155.jpg
刺繍本番、兜の角から刺繍します。実際にこの兜は熊の毛で覆われていて、その質感を出して欲しいと要望されましたので刺繍で出来る限りの再現に挑戦しました...

IMG_1158.jpg
黒地に黒刺繍なのでお分かりずらいと思いますがヨロイの鹿角(熊の毛)です。

IMG_1159.jpg
獣の毛並みを少しだけ再現しました。刺繍ミシンは命令信号を送らなければ働きません。逆に言うとどんなプログラムでもプログラマーの設定通りに動くということです。今日も人に言われましたが絵をスキャンしたらミシンが自動的に縫ってくれるのですか?いいえ、そんな簡単なものではありませんし、それに頼りたくありません。

IMG_1163.jpg
家紋ベース色の銀糸がビッチリ密度で入りました。

IMG_1182.jpg
このような複雑なデザインですと下になるオブジェクトから刺繍をして上にくるオブジェクトを一段一段重ねていきます。

IMG_1189.jpg
耳を付けて最前面の頭部の部分。ここも熊毛で覆われていますので獣毛プログラムです。本刺繍の前に下地にも刺繍を施します。これを下打ちと言います(写真は下打ち中)。当然刺繍時間はかかりますが、ここもウチは重要に考えています。

IMG_1194.jpg
一番上の顔まできました。そしてまた質感が問われる"ヒゲ"です。

IMG_1195.jpg
まずは立派な髭を蓄えさせます。指で触ってもボリュームな感じです。

IMG_1202.jpg
白髪髭の縫い付けです。

IMG_1214.jpg
黒髭の中に白髪が入り込みさらにリアルな髭になりました。

IMG_1212.jpg
白フチを加えて完成。
しかし多少ではありますが気に入らない箇所がありますので修正して明日から量産に入ります。

パッチへの道(tingama様)その一

IMG_0809.jpg
奄美大島から手書きの原稿が届きました。いつものようにパッチ完成まで順を追って実況いたします。まずは手書き原稿をトレースしてデータを作ります.....

tingama5.jpg
スキャンした原稿を下絵にします。電話での打ち合わせで上の帯をややアーチ状に変更したいという事です。

tingama6.jpg
まずは文字からトレースに入ります。

tingama4.jpg
基本のアウトラインが出来ました。

tingama3.jpg
パスをオフセットして文字のふちを付けます。

tingama2.jpg
次にアーチの帯を作ります。

tingama1.jpg
色を付け上帯はできました。

tingama13.jpg
今日は中央のトレース、デザインです..

tingama12.jpg
このへんのフレアを

tingama11.jpg
きもちアレンジしました。

tingama10.jpg
こっちも。

tingama9.jpg


tingama8.jpg
標識も手書きの為、左右対称ではありません。でも完全にシンメトリーにしてしまうと手書きならではの味が失われてしまうのでほどほどに修正しました。

tingama7.jpg
中央部の完成です。

tingama14.jpg
ボトムロッカーも手書きの味を残してデータ化、センターパッチも大きくしました。

IMG_0814.jpg
刺繍データができましたので今日から刺繍本番です。黒ベース生地に黒糸刺繍。鷲のベースが黒なので黒糸で潰します。通常は抜きになる部分が黒ベース生地なので必要ないんですけどベース生地の黒と鷲のベースの黒が若干違いがでて、しかも一段高くなるので鷲が少し立体感がでます。やはりひと手間かけることによって見た目には分からない違いがでるのだと思います。

IMG_08116.jpg
鷲の白刺繍を黒ベースの上に重ねて行きます。

IMG_0819.jpg
この部分は縫い方を変えて鳥の羽のような感じになるようにします。

IMG_0828.jpg
58も縫いっぱなしではなく1mmの縁取りを入れます。この辺りもやるのとやらないのでは少し違います。言われなければ気付かないと思いますが文字がカッチリ締まるのです。

IMG_0830.jpg
センターパッチ完成です。ベース生地の黒と鷲のベースの黒の違いがお分かり頂けますでしょうか。実際に手で触ると鷲が少し浮き出ています。

IMG_0982.jpg
帯部分も完成。

IMG_0985.jpg
ここもよく分かりませんが白文字に1mmの縁取りが入っています。

IMG_0983.jpg
こちらも手書きがそのまま刺繍に再現されました。

IMG_1143.jpg
出来ました!まずは1着ベストに縫い付けてみました。

IMG_1144.jpg
残りのベストの縫い付けはこれからですが、枚数が多いので早ければ今週末には完成させたいと思います。

パッチへの道(BURN様)

b06.jpg
広島のBURN様からMCパッチのご依頼です。今回はメールで画像の添付でした。この画像データが本物のパッチに成るまでをまた実況で報告できたらと思います。

では製作過程を順に追って行きます。

b04.jpg
実はこの時点ですでにトレース作業は終わっていてアウトラインデータは出来上がっております。

b05.jpg
ベストに配置。お客様にメールで確認していただくと、一発OK!!ありがとうございます。
早速刺繍データの作成に移ります。

b03.jpg
イラストレーターのパスデータを刺繍ソフトにペースト。下絵として使います。

b02.jpg
文字のアウトラインに沿って刺繍ソフトの2本ペンでアプローチしていきます。

b01.jpg
約2時間後、刺繍データ完成。明日試し縫いをしてみましょう。

IMG_0708.jpg
今日から帯の刺繍本番です。

IMG_0712.jpg
微修正をしてようやく出来ました。

IMG_0713.jpg
明日から量産に入ります。

IMG_0745.jpg
大きい口の刺繍データが出来ましたので試し縫い行程に入りました。

IMG_0774.jpg
まずはベロの1色目。

IMG_0767.jpg
2色目、3色目と入っていきます。

IMG_0771.jpg
お~迫力!でもなにか色と色の境界がはっきりしすぎてますのでデータの修正をして明日また試し縫いです。

IMG_0775.jpg
色々修正をしてまた試し縫いしました。
そして完成!

と言いたいところですがまだ納得いきません。色の境界がまだ不自然です。

IMG_0778.jpg
修正後、再度試し縫いです。おっ、今度はいい感じです。

IMG_0780.jpg
OK!これならいいですね。

IMG_0781.jpg
色境界の段差もなく自然です。

IMG_0783.jpg
糸同士が主張しないで混ざり合っています。

IMG_0782.jpg
見る角度によっては色が浮き出たり沈んだりするのが刺繍の面白い所です。
はい、完成です!明日より量産に入ります。
その後、持ち込みのベストに縫い付けとなっていますので、もうしばらくお待ち下さい。宜しくお願いいたします。

IMG_0831.jpg
BURN様のMCベスト完成しました。本日発送致しました。

アディクションズを選んで頂き有り難うございました!

パッチへの道(RING SIDE様)

IMG_0693.jpg
昨日の朝、パッチ注文のFAXが入りました。最近やっていなかった刺繍実況ブログをまた始めたいと思います。
一枚のFAX用紙が実物の刺繍パッチになるまでを報告していきたいと思います。今回の事をお客様に承諾を得ようとお話しましたら大変喜んで頂けました。自分達のパッチが少しずつ形になっていくのを見れるというのはただ待たされるよりは全然楽しいと思います。

では、はじめてみましょう。
まずは刺繍の前段階のイラストレーターデータ作成からですね。

IMG_0694.jpg
今回書体の指定があります。文字サンプルが小さく添付されていました。
まずはここからトレースしていきましょう。

rs01.jpg
スキャンして拡大しました。やはりラインがボコボコしています。ここはあまり神経質にならずに大胆にトレースして後で微修正したほうがいいです。

rs04.jpg
今回使うアルファベットのトレースが完了しました。この時すでに刺繍用のブロック分けしているとあとの作業が楽になります。しまった!MCを忘れた。

rs05.jpg
文字のアウトラインデータが完成しました。手書き風のフォントでしたがラインを滑らかにすると綺麗ですね。一回アウトラインデータにしておくと今後ステッカーやTシャツなども作れます。
今日はここまでです。

RS06.jpg
文字のアウトラインが終わったので次は帯の制作です。手書きのイラストなので曲線がややアバウトになっています。これを完全なアールに修正したいと思います。

RS07.jpg
正円のデータを下絵に会わせていきます。両端は同じ角度でカットするため正方形データを45度にして下絵に合わせます。

RS08.jpg
オブジェクトを分割してアウトラインを3mmと1.5mmと内側にオフセットしていきます。

RS09.jpg
そして昨日作った文字データを配置して帯のデータは完成です。

RS10.jpg
次はいよいよピエロのトレースに入ります。ここからはもの凄く時間がかかります。なぜならピエロの顔に色を入れずにモノトーンでマンガっぽくならないようにリアルに、という希望なので黒の濃淡だけで表現しなければなりません。ベース色がベージュなので黒からベージュのグラデーションになるので色選びも重要になります。

RS11.jpg
ではトレースに入ります。おっと、もう夜になってしまいました。今日はここまで

RS12.jpg
ピエロの黒部分のトレースが全て終わりました。

RS13.jpg
ベージュベースに黒の基本が出来ました。今日はここまで。明日から濃淡をつけていきます。

rs15.jpg
ピエロの顔に濃淡が付きました。RING SIDE様は茨城のチームなので心配で昨日連絡しましたところ今日メールが帰って来て皆様ご無事だそうで良かったです。

rs120.jpg
実はお客様からお返事を頂く前に見切り発車して帯の刺繍データを作りました。OKがでましたらすぐ刺繍できます。
しかし修正案がでてまいりましたので修正作業に入りたいと思います。

rs23.jpg
若干修正が入りました。文字をもう少し太くして欲しい、というご依頼がありましたので0.3mmオフセットしました。その後内側のパスを消去しました。

rs24.jpg
左が修正前、右が修正後。どうでしょう?少し文字が太くなったのが分かります。

恐らく、今計画停電中で見れないと思いますが復旧しましたらご連絡下さい。

各メンバーさんと話し「生活がある程度落ち着くまで、パッチ止めてもらった方が良くない?」という話合いがあったそうです。しかし一年かかってやっとここまで来たし、これが励みになるし進めようって事になったそうです。

アディクションズでもこのような状態の茨城県からの製作依頼で特別な思いでの作らせていただきます。

RS26.jpg
本日から帯の刺繍データ製作に入りました。この時に刺繍の方向線や糸の密度などを決めていきます。

RS25.jpg
帯の刺繍データ完成。明日から刺繍本番、そしてピエロの顔の刺繍データ作りに入ります。

IMG_0719.jpg
本日より帯刺繍本番です。メンバーの皆様、毎日災害復旧作業お疲れさまです。

IMG_0736.jpg
文字の刺繍です。問題箇所はありませんので量産にはいります。

IMG_0773.jpg
いよいよ今日からピエロの顔の刺繍です。まずは土台となるベース色を縫いつぶします。通常ではあらかじめベース色の生地を使えば縫わなくて済むのですが質感が全然違いますので縫います。2色、3色と刺繍は進んでいきます。

IMG_0744.jpg
シャドーが入りました。

IMG_0748.jpg
今回は刺繍の目をあえて均一ではなくランダムにうってます。こちらの方がコンピューター刺繍機っぽくない手刺繍の味がでるからです。そしてシャドーを入れたときも指をくむ様な感じでぼかしのようになります。

IMG_0749.jpg
のっぺらぼう

IMG_0758.jpg
目の周りもトーンを下げた色を入れて黒で縁取ります。

IMG_0762.jpg
さらにその上から目玉を入れます。

IMG_0769.jpg
完成!!自分で言うのもなんですが、会心の出来映えです。明日から量産に入りますので、もうしばらくお待ち下さい。

IMG_0793.jpg
カドヤのベストも一緒に注文していただきましたので縫い付け工賃はサービスしてお届けいたします。

IMG_0798.jpg
完成です!この度はアディクションズを選んでいただいて有り難う御座いました。
まだまだ復興には時間がかかると思いますが1日も早くこのベストを着てバイクに乗れる様願っております。

有り難う御座いました。

SKULL KING

IMG_4389.jpg
去年の年末、御客様がMCパッチ製作の為ご来店頂きました。デザインを手書きにて持参いただきました。トランプのキングの顔がスカルになっています。

kings2.jpg
早速スキャニングしてイラストレーターでアウトライン化していきます。手書きの場合は忠実にトレースしながらも線を滑らかに修正もいていきます。

IMG_4401.jpg
帯の方は書体の指定があったのですが、単純にフォントをアーチ状に配置すると文字間に不自然な隙間がでたりするので手書きでバランスをとりながら書きました。

KINGSROAD.jpg
こうして一応アウトラインが完成しました。この画像を御客様にメールして確認していただきます。

kings1.jpg
修正なしの一発OKをいただきました。ありがとうございます。次はこの画像とアウトラインデータを下絵にして刺繍データの作成に入ります。年内はここまでですが思ったより早く進んでいますので年明け早々にも刺繍作業に入れそうです。

IMG_4621.jpg
刺繍データも完成し本日から刺繍本番にはいりました。

IMG_4622.jpg
これも結構時間がかかり1日3~4枚のペースですね。

IMG_4623.jpg
帯の方も出来ました。あとはひたすら刺繍です。

一筆龍

IMG_4222.jpg
先日MCパッチ製作の為、宇都宮からお越しになったお客様から荷物が届き開けてみると巻物のような物が。

IMG_4219.jpg
これは凄い。打ち合わせの時に仰っていた晄秋家の一筆龍です。胴体部分を太い筆で一筆書きで描いているそうです。

IMG_4221.jpg
下書きもなしにスラスラ描いて行きます。こちらのサイトで動画も見れます。一筆龍 - 晄秋家(こうしゅうや)

SB.jpg
MCパッチにするにはデザインが縦長すぎるのでphotoshopで加工して中央に収まるくらいにしました。これは、やりがいがありますね~大作の予感がします。

SB2.jpg
早速、というか1日半かけてイラストレーターでトレース&デザインしました。

SB7.jpg
昨日はお客様からお返事がなかったのですが作業は進めて行きます。イラストレーターデータを刺繍アプリケーションにコピーして方向線、糸密度などいろんな項目を設定しながら刺繍データを作って行きます。

SB4.jpg
重なる順番を下から作って行きます。

SB6.jpg
プレビューでリアルな刺繍の予想画像が確認出来ます。丸1日でこれくらいしか出来ませんでした。

SB3.jpg
そして本日の朝、お客様より連絡を頂いて修正があるということで今日は元のイラストレーターデーターを修正しました。尾っぽの鱗の数を増やしてグリーンのグラデーションを作って帯の形を変えたりしました。

SB8.jpg
朝、お客様から龍のデザインのOKを頂きました。帯は少し変更がありましたので修正しました。ベストに取り付け予想図です。

SB9.jpg
夕方、ようやく龍の刺繍データが完成しました。針数は14万針以上です。

SB10.jpg
帯も閉店間際になんとか完成しました。明日は定休日なので木曜日から試し縫いを開始します。

IMG_4246.jpg
今日からいよいよ刺繍本番です。帯の方はきれいに仕上がりました。

IMG_4250.jpg
龍もイメージ通りに仕上がり、さすがに14万針なので1枚出来るのに4時間かかりました。あとは裏地を付けてカットすれば完成です。早くベストに縫い付けた姿を見てみたいです。

IMG_4296.jpg
本日ベストを受け取りにお客様がバイクで来られました。実はバイク屋さんでこのバイク、一見ハーレーですがYAMAHA XV1600ロードスターです。フロント廻りは完全にヘリテイジスプリンガーの移植です。

IMG_4299.jpg
ある意味ハーレーよりゴッツイエンジンです。排気音も歯切れがあっていい音です。

IMG_4311.jpg
荷物満載にしたらフェンダー擦ったみたいです。

IMG_4302.jpg
今日、一緒に来られた方は以前うちでパッチを作らせて頂いた方でした。

IMG_4314.jpg
いい色ですね。僕も来年はオレンジラメにしようと思ってます。

IMG_4308.jpg
2台で宇都宮から下道で6時間かけて走ってこられました。寒い中ありがとうございます。

IMG_4317.jpg
こちらも大作だったガネーシャの刺繍。

IMG_4324.jpg
そして今回の一筆龍の刺繍。いい感じですね~

IMG_4332.jpg
有り難うございました!気をつけてお帰り下さい~

元気袋

IMG_4084.jpg
アディクションズではワンちゃんグッズもちょっと作ってまして店頭で犬のシルエットワッペンとか売っているのですが、そんなこともあってなのでしょうかご近所の愛犬家からペットの写真から刺繍依頼がありました。この依頼者様自身も数ヶ月前に愛犬を亡くされTシャツや前掛けなどに愛犬の刺繍をいれさせていただきました。この方をよくお見かけしますがいつもこのTシャツと前掛けを着ていらっしゃいます。今回は知り合いのお宅のワンちゃんが亡くなられ、その家の娘さんがひどく落ち込んでいるというので当店の巾着を使って亡くなったペットの遺影写真をもとに刺繍にして娘さんに渡したいという事でした。
写真から刺繍にするのはそれほど難しくはないのですが毛並みの部分は1針1針マウスでチックタックチックタックとアナログなやり方でインプットしていくので型を作るのに時間がかかります。しかしなにより難しいのが表情です。今回のデータ作りは3日くらいかかりましたが、ずっとこの写真を見ながらやっていたので最初は分からなかったのですが寂しげな、でもどこか安心したような表情が伝わりなんとか刺繍で表現したいと挑戦しました。試し縫いを何度も繰り返し、なんとか完成しました。巾着も肩掛け紐やファスナーなどつけた特別仕様で依頼主様には大変よろこんでいただけました。ありがとうございます。娘さんも元気を取り戻してくださいね。

テーマ : ペット用品
ジャンル : ペット

古いミシン

IMG_3771.jpg
お店のワッペンを縫い付けたりするミシンが調子が悪くなり修理にだすことになりました。しかし縫い付け用ミシンがないとバイトさんの仕事がなくなってしまうので、ほとんど使ってなかったアンティークなミシンを引っ張りだしてきました。一度調整にだしたので動くと思ったのですが実際動かすと釜が回転してませんでした。本体を倒して裏を見ると1本ピンが外れていましたのでピンを入れるとそれからは普通に縫えました。今のミシンと違ってシンプルなミシンの基本構造そのものなのでタフで壊れにくいと思います。
なんか久し振りに見るとデザインとか装飾がいいですね~
ふと、いつぐらいの年代なのかと思い調べてみるとなんと1947年JUKIの家庭用ミシン第一号機HA-1型であることが判明しました。ハーレーでいうとナックルヘッドの時代じゃないですか。当時は足踏みミシンだと思うのでこのモーターはあとから付けらたのでしょう。これからも大切に使っていきたいと思います。
IMG_3775.jpg
本体を倒すと中が見えます。ザ、シンプル!JUKIはもともと陸軍の小銃生産を行う東京重機製造工業組合として創業しました。戦後、工業用ミシンの分野に転じたのは有名な話ですね。

刺繍のお話

b2.png
今日は刺繍のお話です。これはお客様から頂いた版下を下絵にしてデータを作って行きます。まずお客様に色付きのイメージを見て頂くためイラストレーターでトレースします。

ここまでアウトライン化するのにかなり時間がかかってしまいました。

b1.png
アートワークで表示するとこんな感じでパスの量がかなり多いです。ここからようやく刺繍のデータが作れます。

BAISON3.jpg
刺繍データです。イラストレーターデータがすぐに刺繍データに変換できるのではなく一個一個のオブジェクに方向線や糸密度、縫いパターンなどを設定して下から上に重ねるようにデータを作って行きます。これがいわゆる刺繍の型です。型代というのはここまでの作業に対してかかります。作業日数は3日かかりました。

IMG_3789.jpg
刺繍中は写真を撮らなかったのでいきなり完成です。ここまでの行程はまず試し縫いをしておかしい所があったらデータを修正してまた試し縫いします。よければ裏に不織布を圧着してワッペンのふちをヒートカットして切り離します。今回のこのバイソンの刺繍だけで4時間かかりました。けっこう大作です。

IMG_3796.jpg
お昼にお客様が引き取りにこられまして大変喜んでいただけました。ありがとうございます。
プロフィール

ししゅう屋シンペー

Author:ししゅう屋シンペー
刺繍屋アディクションズ TEL:0980-51-4110
Address:905-1634
沖縄県名護市運天原514-10
営業時間 13:00~19:00 不定休、イベントなどで臨時休業あり
ADDICTIONS公式 H.P

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ