FC2ブログ

RIDE ON THE DRAGON TOUR 2012 #14 FINISH

IMG_k7140.jpg
長崎の朝、福砂屋本店でおみやげのカステラを買う。おやつ用に小ちゃいキューブカステラを買って路面電車の駅のベンチに座って長崎を味わってから出発。この日の目的地は鹿児島です。鹿児島へは高速で佐賀に戻ってから九州自動車道を南下するか雲仙からフェリーで熊本に渡るかですが今回はフェリーで行くことに。

557836_290883007679013_1590554904_n.jpg
雲仙をのんびり走り有明フェリーで熊本側へ渡ります。あとは高速で鹿児島まで一気に走ります。

525040_290928511007796_1072627673_n.jpg
鹿児島に無事到着しました。最後のトンネルの中でヘッドライトが切れたので6年前にたまたま一緒に走って親切にして頂いた「ライナー」の森山さんに見てもらいました。また人に助けられました。本当に有り難う御座います。

523020_290956717671642_425649566_n.jpg
夜はいつものGAORYUで鹿児島の美味しい魚と芋焼酎です。そもそもこの居酒屋さんは森山さんに紹介していただいたんですよね。店はもちろんですがここの若い大将が好きになり6年連続で通ってます。


大きな地図で見る

552315_291135507653763_1292863270_n.jpg
ドラゴンツアー本土最終日。晴れのち雨の予報。そして火山灰。最後まで楽しんでいきます。

65309_291145710986076_282897314_n.jpg
知覧富屋旅館で女将さんにご挨拶。また顔が変わったと言われました。

IMG_k7147.jpg
指宿スカイライン終点から池田湖をぐるっと回ると目の前に開聞岳現れます。

9239_291160457651268_1657636446_n.jpg
そして旅の終わりはいつもこの温泉に来ます。開聞岳を眺めながら心と体を癒してもらいます。ヘルシーランド(入浴料500円)

548704_291167337650580_1104118374_n.jpg
温泉に入ると一段とバイクは気持いいですね。山川港から大隅半島に渡ります。船の中でサバ寿司と揚げたてさつま揚げでお昼ゴハン。

553506_291175977649716_454769421_n.jpg
宗谷岬からスタートしたので佐多岬まで行きたかったのですが沖縄行きのフェリーに間に合わなくなりそうなので鹿児島新港に戻ります。もうちょっとなのに残念ですが無理は禁物です。

IMG_k7155.jpg
左手の海岸線を見ながら大隅半島を桜島方面に北上。砂浜に鳥居が見えた。すこし通り過ぎてから気になるので戻った。

IMG_k7157.jpg
荒平天神(菅原神社)桜島から開聞岳まで見渡せる景勝の地でもあるそうです。とても気持いい神社でした。

IMG_k7161.jpg
桜島がよく見える所を探しながら走るといい感じの漁港があったので入ってみた。なんでも映画「ほたる」のロケ地だそうです。

IMG_k7166.jpg
桜島フェリーで鹿児島市内に戻りあとは沖縄行きフェリーの港を目指すだけ。

404693_291216530978994_1496511624_n.jpg
無事フェリーに乗船しました。3週間とちょっと前に巨大台風に追われるように那覇から東京に飛び、初上陸の北海道を走り宗谷岬からスタートしたドラゴンツアー。無事に龍の尻尾から頭までなんとか走り切りました。今回も色んな出会いや経験が出来ました。日本の美しい自然に、優しい人びとに、仲間達に感謝、感謝です。ありがとうございます!


大きな地図で見る



IMG_k7168.jpg
Start,72055km Finish,76709km Total,4654km
スポンサーサイト

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

RIDE ON THE DRAGON TOUR 2012 #13

IMG_g7088.jpg
下関の唐戸市場で海鮮丼の朝飯を食べてこの日の目的地、長崎に出発。

IMG_g7090.jpg
ここからだと3時間くらいで着いてしまうのですが軍艦島の上陸ツアーに参加するので寄り道をせずに走りました。この日は気温も高く気持良かったです。

IMG_g7091.jpg
昼過ぎに長崎港 常盤桟橋に到着。受付を済ませると少し時間があったので長崎ちゃんぽんを食べようと近くの有名店に行ったのですが閉まっていたので船に乗り込みました。

IMG_g7093.jpg
2007年にも軍艦島に行きましたが当時はまだ島に上陸できずに島を周遊するだけでした。船の中ではガイドさんの挨拶とツアーの説明、あとはビデオで軍艦島の歴史を放映していました。ここが船着き場、上陸ポイントです。

IMG_g7094.jpg
20人くらいの客がツアーガイドとスタッフに引きつられぞろぞろと付いていきます。

IMG_g7098.jpg
他の人を入れずに写真を撮るのは大変でした。

IMG_g7102.jpg
カメラのメモリー容量が残り少なくなったので白黒モードにしました。(関係ないのかもしれませんが)

IMG_g7105.jpg
ポイントでガイドさんが説明をしてくれます。とても丁寧でこの説明を聞かなかったらただの廃墟を歩いただけです。

IMG_g7104.jpg
今となってはどんな説明だったか覚えていませんが。

IMG_g7107.jpg
ポイントは3か所あります。

IMG_g7111.jpg
最後の方はちょっと飽きたりします。

IMG_g7109.jpg
ここは覚えてます。台風の時はこの建物がかぶるくらい波が高くなったそうです。

IMG_g7108.jpg
日本最初の団地。中に学校とか病院とかあって繋がっている。

IMG_g7113.jpg
「軍艦島コンシェルジュ」のガイドさんとスタッフさん。説明はフル暗記だし仕事を楽しんでいるようでした。

IMG_g7115.jpg

IMG_g7118.jpg
約1時間の島内ツアーでした。

IMG_g7125.jpg
帰りもゆっくり島を周遊。ここでも建物や人々の暮らしをマイクで説明してくれます。

IMG_g7121.jpg
やはり説明の内容は覚えていません。

IMG_g7127.jpg

IMG_g7128.jpg

IMG_g7130.jpg
メモリー足りそうなのでカラーに。

IMG_g7132.jpg
この辺がもっとも軍艦に見えるシルエットだそうです。なるほど。

IMG_g7133.jpg
さすがに腹ぺこです。帰ったらちゃんぽんでも食べますか。群来軒に入って一杯のちゃんぽんを二人で分け合って食べる。

IMG_g7138.jpg
出島ワーフでもトルコライスを食べたりして飲みタイム。今日も有り難う御座いました。


大きな地図で見る

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

RIDE ON THE DRAGON TOUR 2012 #12

IMG_m6932.jpg
ちょっと時間があきましたが前回の続きです。名古屋の翌日は朝から雨降りのなか嫁様の実家がある福山に夕方到着して夜はお父さんも加えて3人で瀬戸内の海の幸を堪能しました。次の日も尾道やさびれた遊園地などで遊んでから翌々日、嫁様がバイクの後ろに乗りDRAGON TOUR再開です。この日は下関まで走る予定ですが福山からだとすぐ着いてしまう(勘違い)ので宮島で遊んでから行く事にしました。

IMG_m6933.jpg
宮島行きのフェリーターミナル。

IMG_m6938.jpg

IMG_m6940.jpg

IMG_m6944.jpg
宮島口に着きました。

IMG_m6946.jpg
宮島口前にある巨石。宮島は今回で3回目の訪問ですが初めて厳島神社の背後にある弥山(535m)に登ってみようと思います。弥山山頂には謎の巨石群があるらしいのです。ここも山岳信仰の対象であったとされます。

IMG_m6951.jpg
参道までのお土産店街を歩きます。

IMG_m6964.jpg
3歩くらい前を歩いているのが嫁様です。なにかお目当てのお店があるみたいです。

IMG_m6960.jpg
もみじ天。バリエーションがあっておいしそう。

IMG_m6963.jpg
やはり牡蠣。すごい並んでます。

IMG_m6959.jpg
ここも牡蠣、さすが本場です。

IMG_m6961.jpg
ここも牡蠣か?

IMG_m6965.jpg
ここから参道です。結局お目当てのお店は見つからなかったようです。

IMG_m6968.jpg

IMG_m6976.jpg
ほぼ満潮です。前回の2回は干潮だったのでので歩いて鳥居まで行けましたがやはり水に立つ鳥居が美しいですね。

IMG_m6979.jpg
係員に「オスだから気を付けてね!」と言われました。角は切られてます。

IMG_m6978.jpg
神社入り口。

IMG_m6985.jpg
朱の回廊を通って拝殿までいきます。

IMG_m6992.jpg
客神社 [まろうどじんじゃ]

IMG_m6988.jpg
枡形 [ますがた]

IMG_m6993.jpg
嫁様[よめさま]

IMG_m7006.jpg
反橋 [そりばし]

IMG_m7011.jpg
出口です。

IMG_m7022.jpg
次はいよいよ弥山です。弥山の獅子岩駅までは宮島ロープウェイで行けます。宮島ロープウェイの起点駅までは無料送迎バスがでています。

IMG_m7028.jpg
紅葉谷駅(起点)から10分で榧谷(かやたに)駅で乗り換え4分で終点の獅子岩駅です。

IMG_m7027.jpg
ロープウェイから弥山原始林を見下ろす。色付きはじめています。

IMG_m7040.jpg
獅子岩展望台。絶景ですね、ここから山頂までは徒歩登山になります(所要約1時間)。

IMG_m7049.jpg
まずは山頂までの中腹あたりにある弥山本堂。弥山を開基したのは空海さんです。湯殿山もそうだったし四国以外にもあちこち登場します。スーパーマン(超人)ですね。

IMG_m7050.jpg
その空海さんが護摩を焚いて修行した火が1200年たった今でも「消えずの火」として守り継がれています。

IMG_m7058.jpg
さあ、さらに上に行きますよ。

IMG_m7061.jpg
巨石が出てきました。これが奇岩「くぐり岩」です。

IMG_m7065.jpg
頂上まであとわずか。

IMG_m7073.jpg
山頂に来ました。さらに展望台に登ります。

IMG_m7071.jpg
来ました〜!これが見たかったんです。でもこの石も人工的な感じがしますね。空海さん、ここで何をしていたのかな〜。

IMG_m7072.jpg
人と較べると石の大きさはこれくらいに見えますが実際はこれ以上に大きく強烈な存在感(力)を感じます。

IMG_m7076.jpg
こんな高い所まで鹿がいました。

IMG_m7083.jpg
目的を達成して下山します。再び厳島神社の参道に。陽も落ちていい感じの色になってきました。

IMG_m7085.jpg
帰り道でやっとお目当てのお店を発見できたようです。

IMG_m7086.jpg
「ペッタラポッタラ〜♪」とお店のオリジナルソングがリピートw。

560823_290374551063192_1636491940_n.jpg
焼きおにぎりの上にカキが乗っている不思議なおにぎりです。美味でした♪

さあ宮島も満喫したしそろそろ行きますか。下関まで1時間くらいかな、なんて考えてたらとんでもなかったです。だんだん暗くなってすっかり夜間走行に。しかも気温も9℃まで下がり寒さのあまり王司PAに入り、缶コーヒーを両手でコロコロして手を温めてからコーヒーを一気飲み。まだ寒いので二人で駐車場をチョコチョコ走って体を温める。よしここからは気合い入れてノンストップだ。

185094_290432447724069_297584213_n.jpg
結局2時間以上かかって下関のドーミーインに到着。辛さのあとには楽しさが待ってます。

今日も一日有り難うございました。


大きな地図で見る
名古屋から福山


大きな地図で見る
福山から下関

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

RIDE ON THE DRAGON TOUR 2012 #11

121207.jpg
東京に着いた翌日に横浜の一国サイクルワークスにバイクを預けた。入院の目的は消耗品パーツの交換だ。実は一国の梅さんが今年沖縄に来た時サラッと僕のバイクをチェックしてくれていたのである。
バイクを預けたあと「代車?あれ~無いな。じゃあ俺のXR(写真)乗ってって。逆チェンだから気を付けて」

翌日にはバイクがあがってるので引き取りにいき、次はオーリンズのフロントフォークのオイルシール交換のため所沢のバーン経由でカロッツェリアラボに修理(オーバーホール)に出しました。修理代もさすがオーリンズです。オイル漏れは止まりましたがサスからミシミシ音がするようになりました。(あとでバーンに電話で聞いたら馴染めば音は消えるかも?との答え)

今回の東京滞在はバイクの修理を優先に予定を組みました。夜はもちろん友達や先輩達と連日飲みました。ラストナイトは地元世田谷で申年会との晩餐会。KIDさんは翌日の伊勢までの道中で途中まで見送りRUNしてくれるので一緒に世田谷AJITO泊しました。

出発の朝AJITOのガレージからお互いのバイクを出して荷物をパッキング。五日間AJITOを貸してくれたHちゃん、ありがとうございました。

「では行きますか」とメットの中からKIDさんに目配せしてからセルを回そうとしたらバッテリーが異常に弱くなっていてエンジンがかかりませんでした。ガレージに戻りKIDさんのバイクとジャンピングしてもかかりません。困ったな〜と思ってたときN先輩から電話があり「実は東名高速でうしろから追い抜いて驚かそうとしてP.Aで隠れてた」らしいのですがいくら待っても来ないので「いまどこ?」電話がきたのです。事情を説明すると一旦湘南の自宅で工具を取りに行ってから世田谷まで来てくれました。N先輩は見事な手さばきで配線や接点などスピーディーにチェックしていただき予備バッテリーでジャンピング、エンジンはかかりました。電圧を計りレギュレーターが怪しいということで3台で再び一国サイクルワークスへ。

原因を突き止めるとオルタネーターの死亡でした。しかし原因がわかったとしても一国に在庫がないのでその日に注文を入れても翌日以降になってしまう。すでに夕方だし今日の伊勢行きは無理だな、伊勢どころかいつバイクが直るのかわからなくなってしまった。

しかしN先輩が直接◯-DJの誰かに電話してくれて在庫確認、そしてKIDさんが部品倉庫までオルタネーターを直接受け取りにバイクで行かれました。待っている間に梅さんはプライマリーをバラし焼き付いたコイルを取り外して新しいコイルの受け入れ態勢万全の状態です。見事なチームプレー!まるでF1ピットのようだ。KIDさんが戻ってくると新しいコイルを梅さんにバトンして見事な動きであっという間に組み上げていただきました。念のためバッテリーも新品に。

なんということでしょう。直ってしまいました!今日走れるぞ!

この後N先輩の家まで3台で走り、ガレージで軽く休憩していよいよ出発。もう夜10時はとうに過ぎて結構冷え込んできた。N先輩が一旦家に入られたのでヘルメットを被り待っているとN先輩が戻ってきてホツレてボロい◯-Dのタオルを僕の首に巻いてくれた。

ボロいタオルはとても暖かかった。

KIDさんと2台で東名の入り口でしばし別れの握手をして途中まで高速を併走。二人で走るのも久し振りだな〜とKIDさんの背中を見ながら走る。そしてどこかの分岐で手を振って別れた。ありがとうございました〜、また来年会いましょう!

名古屋の駅前に着いたのは夜中の2時。ここでも一人の男が待っていてくれた。寒いし疲れたし浜松あたりで降りようとP.AからETC出口を前にしたとき電話が鳴った。僕がドラゴンツアーをしてるのを知ってまた是非、名古屋で会いたいと言ってくれた。P.Aから本線に戻り名古屋まで行った。彼は夜中に着く僕のために安いビジネスホテルを予約してくれていた。チェックインしてから一緒に食事をした。そしてお守りや名産品まで頂いた。有り難う御座いました!

初めて走る新東名を走りながら今日一日起こった事を思い起こしていた。つくづく僕は友達に恵まれていて幸せものだなと思う。東京に戻ってから色んな人と出会ったり再会したりした。中には忙しくて心を失っている人もいて気の毒に思えた。でもこんな出会いでも僕には学びだ。自分も忙しいとき人に対して同じような態度をとってないかと気付かせてもらえた。今日の仲間達の行動や台風の翌日、我が家の横転した車を速攻で直してくれた沖縄の金さん達の行動。口ではやたら立派なことを言う人はいるけど僕はこの人達を見習っていきたい。

旅はいい。日常で気付けない気持や再発見がまだまだある。人生は旅そのものであるけれどその中のバイク一人旅は素晴らしい。Motorcycle trip Addiction! 伊勢が名古屋になってしまったが次の日は予定通り福山に行けそうだ。ミラクルな今日と友人達に感謝!
12795_508604969152683_1967907859_n.jpg



大きな地図で見る

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

RIDE ON THE DRAGON TOUR 2012 #10

IMG_68921.jpg
この日は僕、森さんに加え、森さんの後輩の佐々木さんと会津までツーリングです。佐々木さんの愛車は福島ブイモンスター製作Q3入賞の48です。森さん宅から国道115号線を西へ走り、土湯峠に入ります。かっとび佐々木号はすぐ消えていきました。僕の前の零ファイター森さんが見事な操縦を見せつけて先導してくれます。霧の峠を越え、トンネルを抜けると会津磐梯山が見えて来ました。115号線と49号線が交わる所に猪苗代湖があります。その畔、野口英世記念館の脇のドライブインで休憩。


IMG_68971.jpg
日本昔話に出てきそうなお団子です。


IMG_68991.jpg
森さんが注文してくれると「中で食べていきな」とお店のおじちゃんが言ってくれた。
店内で団子を食べながら地図を広げ鶴ヶ城までの道を確認。


IMG_68981.jpg
最高のバイク日和です。美しい自然に感謝!


IMG_69011.jpg
49号線を西へ。会津若松市に入る。しかしもって零バイクはハードコアな乗り物だな~と眺めておりました。


IMG_69101.jpg
鶴ヶ城到着。涼しげな絵ですが、この日は暑かった〜!


IMG_69121.jpg
佐々木さんと本丸「鶴ヶ城博物館」を拝観しながら天守閣五層まで登り、城下町会津を眺める。帰りの順路で白虎隊19士の肖像画が展示されていて足が止まる。下で待っている森さんに飯盛山に行きたいとお願いしました。


580743_236607699799701_98908259_n.jpg
飯盛山到着。カゴの答えは着ている革ジャンなどを入れ預かってもらいます。


IMG_69161.jpg
飯盛山参道。平日なのに活気のある観光地だった。


IMG_69191.jpg

IMG_69251.jpg

IMG_69271.jpg

IMG_69221.jpg
飯盛山から鶴ヶ城を臨む。中央のアンテナ塔みたいなのが鶴ヶ城。


IMG_69291.jpg
参道前に戻り食事タイム。喜多方ラーメンとソースカツ丼セット!


IMG_69021.jpg
49号線を東へ。途中から磐越自動車道に入ります。


548494_236590526468085_1595568614_n.jpg
最後のS.Aに入りお別れの挨拶を交わす。郡山ジャンクションから東北自動車道で森さんらは福島方面に、僕は東京方面へ。森さん、佐々木さん、有り難うございました!

二子玉川に着いたのは夜6時、高島屋の中にあるカメラのキタムラでiphoneを交換後、今回の世田谷AJITOに帰り地元申年会と会食。翌日からバイクメンテと友達と会うため旅は小休止です。

2週間前に沖縄の大型台風を逃げ切って羽田に入り、フェリーで大洗〜苫小牧。バイクでは宗谷岬から東京。旅の前半は無事終わりました。

初北海道&RIDE&海の幸を楽しみました。天候が残念だったのは次回リベンジの為か?

そしてVIBES MEETING IN 東北。今回のVMは東北支援ということなのでアディクションズは義援パッチ活動でバイカーから集まった熱い義援金をVIBES募金に協力できました。ところで今回のVIBES募金はいくら集まったのか気になるところです。

その後の出羽三山。月山登拝が残ったのでここもリベンジ決定。来年はここでまじめに修行しようか考えてます。で、この日の森さんツーでRIDE ON THE DRAGON TOURの前半を締めくくりました。これでほぼミッション終了です。あとは走り馴れた西方面ですので今後のブログはたぶんサラッといきます〜


大きな地図で見る

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

RIDE ON THE DRAGON TOUR 2012 #9

yudonomap.jpg
風の音で目が覚めたくらいこの日は早朝から風が強かった。朝7時、湯殿山参籠所の神殿で祈祷していただいたあと外にでると祭礼の準備が始まっている。聞くと、この日は湯殿山ー山万霊供養祭らしく参拝者や山伏達が集まってきた。せっかくなので参加したかったがこの日は色々とやる事があるのであきらめて湯殿山本宮まで徒歩で登ることにした。徒歩ルートは月山から吹き下ろす風が厳しかった。

本宮入り口の祓所で参拝前に裸足になりお祓いを受けなければいけない。人形(ひとがた)に息を吹きかけそれを水に流していよいよ参拝。ここから先は「語るなかれ、聞くなかれ」と戒められた清浄神秘の霊場である。感想はとにかく衝撃的だった。しばらくその前から動けなかった。神主のおっしゃった事にも納得した。興味がある人は是非行って自分の目で見て感じて頂きたいのですが行く前にネットでそれの情報や特に写真は見ない方がいいと思います。

俳人・芭蕉もこの地を訪れて、「語られぬ湯殿にぬらす袂(たもと)かな」と詠んでおります。
<句意>: 湯殿山の神秘は、他人に語ることができないが、(それだけに感動も並々ではなく)感涙のあまり袂をぬらしてしまうほどである。


IMG_67721.jpg
湯殿山参籠所で白無地のワッペンに朱印を押してもらったあと出発。次に訪れたのは湯殿山を離れ大日坊瀧水寺。ここに真如海上人の即身仏がおられます。お寺の歴史や即身仏については湯殿山総本寺大日坊瀧水寺のH.Pをご覧下さい。


IMG_67711.jpg


IMG_67671.jpg


IMG_67621.jpg
拝観料500円を納めて本堂に通され住職?がお寺の歴史や即身仏についてとても丁寧に20分くらい説明していただいた。いよいよ即身仏の部屋に案内され真如海上人の正面に正座しました。ここでも住職の丁寧な説明とお話があり、最後に「願いのかなう即身仏お守り」を勧められた。真如海上人は今何を思っているのだろうか。お守りは丁重に断り代わりにパウチ写真を買った(1,000円)。最後に廊下にある貴重な宝仏を拝見して外に出ました。


IMG_67791.jpg
羽黒山・湯殿山・月山の出羽三山は、全国有数の修験の山として知られています。その中で羽黒山(標高414m)には、三山の神を合祭した社殿・三神合祭殿が山頂にあります。


IMG_67861.jpg
随神門をくぐりまずは長い石段を降りて振りかえる。


IMG_6791.jpg
祓川神橋から見る祓川。


IMG_68021.jpg
参道には国宝五重塔東北最古の塔(高さ29.9m)


IMG_68341.jpg
2446段の石段と杉並木が続きます。といっても全長約1.7kmなので古宇利大橋をちょっと短くして斜めにした感じと想像すると気持が楽になりました。


IMG_68381.jpg
森林浴のなか石段は緩やかになったり急勾配になったり緩急があって楽しい。


IMG_68491.jpg
今回のツーリングに選んだブーツはKADOYAのBLACK SHIELD。バイク用ブーツなのにとても歩きやすい。3年前に屋久島の太忠岳(1497m)の頂上、天柱岩までこのブーツで登った。ツーリングだけだったらWescoなのだけど羽黒山や月山(閉山のため今回は登れなかった)を登拝予定だったのでKADOYAをチョイスして正解だった。


_MG_495811.jpg
ちなみに今回のレザーウエア。上からSR JAC(革ジャン)、WSV-V1(革ベスト)廃盤?(アディクションズにまだ在庫あり)、付けてないがVMX GLOVE(MAD MAX風)、履いてないがCHAPS、でBLACK SHIELD(ブーツ)、そして一眼レフ入れの袈裟掛けバッグHFG/SHOULDER BAG-STDと上から下まですべてKADOYA製品!

IMG_67431.jpg
話しを戻して、赤い小さな鳥居をくぐりようやく山頂に到着!三山の神を合祭した社殿・三神合祭殿が目の前に現れた。


IMG_67461.jpg
しっかり参拝したあと社務所でここでも白無地のワッペンに朱印を押してもらおうとしたら「そういったものには押せない」と一旦は断られたが湯殿山で押してもらったワッペンを見せると何も言わずに押してくれた。


DEWAP.jpg
本当は真ん中に月山ワッペンが付く予定だったのが今回は月山が閉山なのでまた次回。しかし適当に作ったワッペンなのだが朱印の大きさがピッタリなのには驚いた!


IMG_68581.jpg
さあ今度は来た道を戻ります。下山のほうが早いのですが登る時と違う筋肉を使うせいか膝がプルプルしてきます。石段の中腹あたりで下から一人の女性が登ってきて「バイブズの帰りですか?」と声を掛けてきた。その方もバイブズにブース出店してたと、あー!バイクのイラストを描いている人だ。なんでも山形が地元でこの神社が好きということらしい。少しだけお話して石段を上と下に別れた。なにか不思議な出会いだった。


IMG_68781.jpg
登山口の鳥居まで戻るがかなり汗をかいていたので近くの休憩所で羽黒そばを食べた。手打ちでうまかった。さてこれにて今回の出羽三山は終了した。来れて本当によかった。


IMG_68821.jpg
次の目的地は福島。東北道国見S.Aで零バイクに乗る森さんと待ち合わせ。それにしても素晴らしいバイクだ。この夜は森さんのお友達の温泉旅館で温泉に入り美味しい料理とお酒で楽しい宴でした。翌日のツーリングが楽しみです。



大きな地図で見る

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

RIDE ON THE DRAGON TOUR 2012 #8

IMG_66941.jpg
VIBES MEETING in東北も無事終了して当初の予定を変更して秋田駅に向かう事になった。VM会場を出たのが夕方4時なのでそろそろ冷えてくるだろうと道の駅「あねっこ」でじゃじゃ麺を食べたあとチャップスを履いて46号線を日本海に向け走る。やはり、、山の中は一気に気温が下がった。

そして秋田駅は寒かったです。閑散として。(ここまでの写真は無い)

翌日、13号線を南下。横手のちょっと手前で給油所の店員さんに美味しい横手やきそばの店を教えてもらい横手駅に向かう途中、火事のため渋滞中。


IMG_67011.jpg
給油所の店員さんのおすすめ店は休みだったので駅前の「食い道楽」(4年連続グランプリ店)に入りました。


IMG_67041.jpg
おいしかったですよ。普通の上等!!


IMG_67051.jpg
陽も傾いてきましたがのんびり行きましょう〜

日本の原風景。心のふるさとですね。日本のどこにでもある風景ですが空気感や人の優しさが東北を感じます。


IMG_67091.jpg
しかしバイクは最高です。それに美しい自然を見せてくれて、八百万の神に感謝です。そんな気持になりませんか?


IMG_67591.jpg
この日の宿は出羽三山のひとつ、湯殿山神社の麓にある参篭所(宿坊)にお世話になりました。


IMG_67561.jpg
ここ湯殿山仙人澤で多数の行者が即身仏になるための修行したそうです。


IMG_67511.jpg
宿坊の部屋からは湯殿山大鳥居の真横が見えました。この日も距離は短かったけど朝から一日中ほとんど走ってたので熱い風呂に浸かりたいです。聞くとこの参篭所には共同風呂と別に御神湯という温泉があるらしい。(石けん、シャンプーなどは禁止)

脱衣場から浴室に入るの戸の上にしめ縄がかかっている。完全に普通の民宿風呂の雰囲気ではない。フルチンで二礼二拍手一礼して中に入ると暗くて狭い浴室で軽く体を清めて浴槽に浸かると真っ正面には神棚がある。ちなみに普通のお風呂もあるそうなのです。


IMG_67571.jpg
食後、神主さんと祈祷殿の広い畳の真ん中に二人座って色々なお話をさせてもらいました。



大きな地図で見る

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

RIDE ON THE DRAGON TOUR 2012 #7

IMG_65501.jpg
青森駅の朝。今日こそは市場メシ食べて出発したいです。のっけ丼で有名な古川市場に来ました。道路脇にバイクを停めると市場のおばちゃんが出てきて「食べにきたんでしょ? パトカーが駐禁やりにくるから歩道に停めなさい」と言ってくれました。

IMG_65521.jpg
システムはまず食券を買う。(500円か1000円)そしたら、ドンブリにご飯をよそってもらいます。あとはお好きな青森の旬の鮮魚のお刺身から焼き魚、お肉、珍味などをのっけていきます。(そのつど食券で支払います)

IMG_65551.jpg
Myのっけ丼、完成しました。イクラ、ホタテ、ウニ、カンパチ、サーモン、大トロ。これで1,000円!

IMG_65571.jpg
「こころの中に美が祭られているのだ。それを描くのだ」by Munakata

市内の棟方志功記念館を見学してから青森中央I.Cから高速に乗り盛岡方面へ南下する。

十和田湖あたりで降りて湖畔、奥入瀬を回る予定だったのだが高速に乗ってしばらく走るとまた雨が降り出した。バイクを停め一瞬でカッパに着替える(もう馴れたものだ)。空は真っ黒、雨足は強くなってきた。またかぁ、ほとんど毎日だな。

走りながら十和田湖方面をちらっと見ただけで高速を降りずにさらに南下した。

IMG_65641.jpg
盛岡の一つ手前の滝沢I.Cで降り、スーパーで買い込んだ食料の入った段ボールをバイクに積み上げた。あとはVIBES MEETING会場までもう少し。途中で古くて大きな木の鳥居があったので止まり参拝することに。岩手山神社(滝沢村)、おそらくご神体は岩手山のはず、これから山で騒々しくするのでこーゆうのはキチンとやっておかないと。

IMG_6575.jpg
会場入り。この日は前日の搬入日なので関係者、出店者だけしかおりません。

IMG_66491.jpg
テントは一等地に張れました。この夜は大森さんではなく拓シェフのフルコースでした。2日目からは宮田さんファミリーのテントにお世話になりました。有り難うございました~。

IMG_65871.jpg
VM初日、ゲートオープン前はまるで台風の前の静けさ。
空気が澄んでいてとても静かな朝です。マグカップで熱いコーヒーなど飲みたい気分になります。

IMG_65901.jpg
今回のVIBES MEETING会場は岩手高原スノーパーク。
スキー場の駐車場にはまだ1台もバイクがありません。もうすぐ開場です。

IMG_65691.jpg
ゲート前。すでにこれだけのバイクと車が並んでいます。皆さんお疲れさまです。

IMG_65841.jpg
全国各地から夜通し走ってきたんだろうな~。

IMG_66071.jpg
開場です。ここからハーレーの音が途切れる事はありませんでした。

IMG_65981.jpg
我がキャンプサイトではのんびりと一日の準備がはじまりました。

IMG_66651.jpg
駐車場はみるみるうちにバイクで埋め尽くされていきました。

IMG_66101.jpg
そろそろTJさんのブースに行かなくては。

IMG_66671.jpg
山も綺麗な姿を現し天候にも恵まれましたVIBES MEETING in東北。

IMG_66121.jpg
今回はTJ SILVER WORKS様のご厚意でブースの一等地を提供していただきました。義援パッチ販売とチャリティーTシャツの予約の受付けをさせていただきました。TJさん(写真のお方)誠に有り難うございました。

今回VIBES MEETINGも県名ではなく「東北」ということなので「まだまだ復興支援」という強いメッセージを感じました。おかげさまでこのVM期間中にバイカー達により60,000円の義援金が集まりました。最後にイベント主催者様に全額寄付できて僕のVMは終わりました。

熱い支援者達の写真は前ブログで。皆さん有り難う御座いました。

IMG_66191.jpg
こちらはTJさん作、渾身のスカル(顎が動く!)

IMG_66211.jpg
同じブースの13GANG SKOOTERの斉藤さん夫妻にも大変お世話になりました。ありがとうございました!

IMG_66841.jpg
二泊三日(僕らは三泊)のビッグミーティングも終わり皆、帰路の準備をはじめました。

IMG_66831.jpg
僕も荷物をパッキングして準備OK。TJさんのブース撤収を手伝い、4時近くに開場をあとにしました。
大森さん、セージ君、撮影有り難うございました。

さあ、このあとは出羽三山!の予定でしたがこの時間じゃあ無理だな。駅好きとしてはまだ行った事が無い秋田駅にいってみよう。


大きな地図で見る

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

RIDE ON THE DRAGON TOUR 2012 #6

IMG_64421.jpg
夜中にだいぶ汗をかいたようで朝起きると風邪はすっかり治っていました。携帯は、、ダメのようです。なかったら無いでもいいのですがやっぱり不便ですよね。乾いたら復活するかもしれないのでしばらく様子を見ましょう。で、ホテル裏の朝市に行きました。

IMG_64381.jpg
市場の並びには朝早くから食べれる所がありましたが病み上がりであまり食欲がないので素通りです。結局、具無し塩味の函館ラーメンを軽く食べて出発準備のためホテルに戻ります。今日は函館港からフェリーで青森大間港に渡り青森駅まで行きます。

IMG_64441.jpg
ホテル前の家の看板! 道路脇の矢印柱に続いて北海道らしい光景です。

IMG_64481.jpg
フェリー乗り場のすぐ手前でラッキーピエロというソソられるハンバーガーショップ発見!船の中で食べようとバイクを降りるがまだ準備中だった~

IMG_64501.jpg
本州と北海道を最短で結ぶ津軽海峡フェリーのノスタルジック航路で100分で本州最北端に位置する青森県大間町に到着。なんか暗いな~。

IMG_64541.jpg
大間港の案内所で地図を眺める。むつまでは2つルートがあるみたいだ。海峡ラインで仏ヶ浦が観たいなぁ、でもかなり遠回りしてしまうのでもう一方の最短ルートで行くことにした。

IMG_64571.jpg
下北の海は黒くて波は荒い。空はどんよりしていてテンションも下がる。まあ雨に降られないだけよしとしよう。このまま、むつ市に向かって一直線に走っていたのですが恐山霊場→の看板でハンドルを右に切ってしまった。実はあまり行きたくなかったので手前の案内標識から気にしない様にしていたのですが。

ま、いっか。ちょっと見てみよう。どんよりして荒々しい海沿いの国道から内陸の道に入ると穏やかな気持のいい山道だった。その時なぜかうちのお爺ちゃんを思い出した。

話しは脱線するのですが、うちの家系は根っからの江戸っ子だが謎の人物が一人居た。僕のおじいちゃんだ(母の父)。青森出身だったと聞いている。会話した記憶は無い。新日プロレスのTVを見たあとに必ず四の地固めを小学生の僕に無言で仕掛けてくる。僕がギブアップすると普段は絶対見せない嬉しそうな顔をして家長の座椅子に戻る明治生まれの男だ。ちなみにお婆ちゃん(プロレスじじいの妻)は今年104歳の長寿を全うした。

話し戻して、大きい杉木の林の中を走りながら「じいちゃん、どうだ懐かしいか~!」と話しかけておりました。

IMG_64831.jpg
恐山(あの世の入り口)は、高野山、比叡山と並ぶ日本三大霊場の一つである。

IMG_64781.jpg
霊場付近では硫黄の匂いがしています。

IMG_64881.jpg
参拝ルート。

IMG_64901.jpg

IMG_65161.jpg

IMG_65291.jpg
地獄の先には美しい極楽浜。

IMG_65381.jpg
硫黄で変色した川の水が宇曽利湖に流れ込む。

IMG_65441.jpg
イタコのテント。

IMG_65451.jpg
恐山をあとにして、むつドライブインを目指すがなかなか出てこないので手前の道の駅に入るとねぶたが展示してあった。

IMG_65461.jpg
この道の駅はおみやげ販売のみで飲食の営業していなかったので道に戻り先に進む。

IMG_65481.jpg
そしたらすぐ、むつドライブインが左手にありました。北海道マスターの指令で大湊海軍コロッケを食しました。揚げたてサクサクでスタミナコロッケとほたてコロッケの2種類。旨かった~。白飯よりビールにしたかった~。
青森駅に向かう途中、また雨が降ってきた。雨に異常に敏感になってしまい、すぐバイクを停めカッパを着る。これが正解ですぐ土砂降りになった。


大きな地図で見る

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

RIDE ON THE DRAGON TOUR 2012 #5

400783_285740911526556_1183931258_n.jpg
この日は小樽、積丹半島をまわって函館までの予定です。まずは小樽ですが特に情報を持っていなかったのでとりあえず来てみました。なにか人が沢山集まっているここが観光名所でしょうか。ちなみにここに写っている赤いポストからお得意様への当月分の請求書を投函しました。気付いてもらってないと思いますが消印は小樽郵便局になってたはずです。

IMG_64061.jpg
よく見たことがある風景です。小樽といったらこんなイメージですね。平日にも関わらず凄い人でした。

IMG_64051.jpg
歩いて散策できたらよかったのですが時間もないのでバイクでさらっと見ることにします。

IMG_64021.jpg

IMG_64031.jpg
観光エリア内のパーキング

IMG_64171.jpg
積丹岬の駐車場。ここから歩いて40分の所に女郎子岩という美しい岩があったそうです。先に知っていれば行きたかったのになぁ。やはり行き当たりばったりはダメですね。

IMG_64211.jpg
駐車場からすぐ近くのトンネルをくぐれば島武意海岸が目の前に広がります。静かで透明度があり何か神聖な雰囲気が漂います。

47078_285756728191641_1033261896_n.jpg
出発前に駐車場隣接の鱗晃 積丹本店で蒸しウニ丼(1700円)をいただきました。生ウニの時期は過ぎていたので蒸しウニしかなかったのですが個人的にはこっちの方が生ウニより好きかも。フワフワ濃厚で旨い!

IMG_64231.jpg
続いてまた、行き当たりばったりで神威岬駐車場。カムイ!すごい名前です。どんな岬なのかどうしても見たくなりました。

384972_285769324857048_1075101283_n.jpg
見晴台から見る神威岬は海に突き出たモスラの幼虫みたいです。岬の先には酋長の娘チャレンカの化身と言われる神威岩が鎮座しています。

564941_285766794857301_1512654479_n.jpg
モスラの幼虫の背を歩いて行くと途中で行き止まりになりました。行止って海を見ているとなぜか島根あたりにいるような感じでした。

函館に向かう途中から雨が降ってきました。最初は小振りだったのでカッパを着ずに革ジャン、チャップスのまま走り続ける。雨足はいつの間にか強くなってきたが寒さで体が固まりカッパを着るタイミングを逃した。結局3時間冷たい雨の中走り夜7時に函館のビジホに到着。その1時間前から寒気と震えが止まらなかった。それにiphoneが濡れて壊れてしまった〜 こんな日は薬を飲んで早く寝ます。朝起きたら直ってる予定です。

IMG_64351.jpg
しかし積丹半島の海は蒼くてキレイでした。空はまだ夏のような雲が浮かんでいました。


大きな地図で見る

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

RIDE ON THE DRAGON TOUR 2012 #4

391700_285440421556605_1047877334_n.jpg
嗚呼、やっと天気になりました。景色が遠くまで見渡せますね!前日は今回のTouringのStart地点である宗谷岬にタッチして幌延という小さな駅前にある民宿に泊まりました。夜の居酒屋は失敗だった〜w
この日はオロロンラインを石狩まで下ってから札幌まで行きます。

545821_285462501554397_1149767595_n.jpg
昨日に比べたら陽が出ているだけで暖かく感じる。空気はキリっとしていて気持いい。北海道を走っていて気になっていたのが道路脇の電柱みたいな直角に曲がった柱の先の矢印↓ 前日の夜走ったら謎は解明しました。街灯がない暗闇の道でも矢印が光って道路際が分かりました。それと雪道対策という事だったのにはあとから知りました。

391578_285465084887472_1550586002_n.jpg
そして、やっと苫小牧から夢見ていた北海道の海の幸を頂きました。留萌のすみれというお店です。日替わりの海鮮丼がなんと1,050円!

海鮮丼の余韻に浸りながら、さらにオロロンを南下していきます。海岸線なのでデッカイど~的な景観は望めませんでしたが沖縄とは違う海の綺麗さに見とれながら幸せに走っていました。ちょっとお腹の方がもよおしてきたのですが大自然の中に公衆W.Cなどあるわけもなく自然の聖堂に感謝したりとこの日は北海道を満喫しながら石狩まで下り札幌に入りました。

札幌市内はまるで碁盤の目です。道路の交差点の信号機の案内は地名ではなく「北3東4」みたいに地図の中にいるみたいでした。

今回カメラは一眼を持ってきたのですが手軽さとfacebookにアップしやすいのでiphoneのカメラを多用していました。ところがこの後iphoneが故障するというアクシデントでフォトデータが全部消えました。なので札幌の写真は一枚も残ってません~。

あ、一枚だけ札幌での写真がFBに残ってました。

317685_285726321528015_1301409527_n.jpg
札幌卸売市場の近く海鮮食堂「北のグルメ亭」のたらばイクラ丼 1480円。当然美味しかったですよ。
でももう充分です。そろそろ煮干しに白飯が欲しくなりました。


大きな地図で見る

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

RIDE ON THE DRAGON TOUR 2012 #3

IMG_63791.jpg
朝ホテルの駐車場に行くと夜遅くまで降り続いた雨は上がり、すっかり路面は乾いていました。タイミングのいい出足だなとこの時までは自称晴れ男は思ってました。この日は苫小牧から宗谷岬まで走りそして折り返して幌延までのツーリングです。

66546_285193788247935_862730384_n.jpg
旭川に向け道央道を走っていたらなんか足元がポカポカする。ふと足下を見るとリアルフレイムス! 原因はマフラーの熱です。路側帯に停車してグローブで叩いて火を消した(写真)。するとパトカーが後ろに来てマイクで「故障ですか?危険だから移動してください!」わかるけどこっちも今、危険なんですけど。

580263_285207318246582_648162704_n.jpg
北海道マスターの先輩から推奨の旭川らぅめん「青葉」を食べるために旭川で高速をおりました。駅好き(駅周辺の街)としてはできれば旭川で一泊したかったですね。もちろん、らぅめんは美味しかったです!

384165_285215361579111_623023700_n.jpg
さあ、体も暖まったし宗谷岬に向け出発!!しかし旭川より上は一段と気温が下がり雨も降ってきたのでカッパを着ます。寒さで給油以外はバイクの上で固まってしまいました。写真撮りたいなーと思う場所でも停まれませんでした。

IMG_63901.jpg
オホーツク側のルートはずっと雨で暗い空だったのが宗谷岬方面だけが明るくなってる!気温も少し暖かくなってきた。雨もやんだぞ〜! あっ、見えた〜!宗谷岬到着!

598655_285241661576481_922997118_n.jpg
RIDE ON THE DRAGON TOURのスタート地点にようやく辿り着きました。

IMG_63851.jpg
樺太(サハリン)を目視できました。なんか信じられません!ここが北海道なのだと実感した。

IMG_63821.jpg
雲の切れ間は宗谷岬だけのようです。オロロンの夕陽は諦めてサロベツまで暗闇の中走って行くのでした。


大きな地図で見る

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

RIDE ON THE DRAGON TOUR 2012 #2

IMG_63521.jpg
有明でバイクを引き取って久し振りの首都高から常磐道を走り茨城の大洗港に到着。たった2日だけどバイクの無い不自由な生活にストレスを感じてるようで夜の高速道路は最高に気持良かった。乗船窓口に行くと台風による欠航案内の張り紙が貼ってありドキッとしたがよく見ると昨日、おとといが台風18号で欠航。明日、あさってが台風17号で欠航と書いてある。つまり今日だけOKということだ。こうゆう所はツイてるんだよなぁ。フェリーは深夜1時30分出港するので近所のコンビニに酒と食料を買い出しに行きバイクをフェリーに積み込んだ。


IMG_63531.jpg
ちなみに大洗ー苫小牧へのフェリーは商船三井のさんふらわあ号。ベッド部屋のカジュアルルームで25,400円(バイク込)。窓口でバイクは割引と言われ3,000円戻ってきた。翌日、目が覚めて窓の外を見ると陸地が見える。携帯のGPSで現在地を確認すると陸前高田の沖合であった。こっち側から見るとどうしても色んなことを想像してしまう。

黙とう。

IMG_63581.jpg
夜7時過ぎにさんふらわあ号はスローダウンして苫小牧港に入港した。なにか外国にでも着いたような感覚だった。というのも実は北海道は今まで一度も来たことがないのです。沖縄からここまででよく来たな〜と思うのですがこれからようやく本当のスタートです。

420946_285018538265460_1669596320_n.jpg
苫小牧はさほど寒くはないが雨が。。駅近くのビジネスホテルに滑り込む。北海道初上陸の実感はまだないが気持は少し躍っている。なぜなら沖縄では食べられない美味しい魚介類に期待してしまうのです。荷物を降ろしてチェックインしてフロントで酒場情報をリサーチ。残念な事にこの日は日曜日でほとんどの店は閉まっているらしい。

3742_285037321596915_858614774_n.jpg
とりあえずホテルを出るとすぐ小さな飲み屋の店の明かりがついていた。昭和な感じの木枠のガラス戸を引いて中に入ってみると客はゼロ。店のおばちゃん二人は暇そうにしている。やばい!一瞬引き返そうと思ったのだが、まあいいかと思い直してそこで飲むことにした。市場が休みのため新鮮な魚介類はなかった。その代わりにおばちゃん達の青春時代の話しをスゲ〜聞かされた。それはそれで楽しく呑んで一時間ほど経過した頃、おばちゃんの娘と孫が店に入ってきた。娘さんが何か入ったレジ袋をおばちゃんに渡した。

袋の中身はホッキ貝だった。

おばちゃんはホッキ貝を刺身とバター焼きにしてくれてたらふく食べさせてくれた。

旅人のためにそっとホッキ貝を取り寄せてくれたのだ。

本当に美味しかった。ありがとうございます。

明日は沖縄を暴れた台風が北海道を通過するようです。

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

RIDE ON THE DRAGON TOUR 2012 #1

IMG_62881.jpg
2012年9月28日より約3週間の東京〜北海道〜鹿児島の日本縦断プラスαツーリングをスタートしました。旅の中心はやはりバイブズミーティングなのでそこまでは日程調整してVM後は自由旅。本当は沖縄から鹿児島までフェリーで渡りそこから日本本土往復が理想だったのですがネックなのが時間とお金ですね。そこで今回のルートは沖縄から東京までバイクだけフェリー輸送して人間は飛行機で。という今までの旅にない効率的?な方法を取りました。バイク輸送は沖縄ー東京のフェリーA-LINE(マルエーフェリー)でハーレーだと片道38,000円です。


IMG_62971.jpg
 
沖縄出発前日に近年の沖縄では最大級の台風17号が最接近するということで航空会社全便が欠航を発表。急遽前日深夜便のスカイマークを確保し欠航前になんとか羽田に到着しました。たまたま数時間前に東京の地元友達から電話があり世田谷で呑んでるというので空港からタクシーで飲み会場まで直行しました。で、朝まで飲んで東京での住処まで提供していただきました。


IMG_63421.jpg 
翌日、板橋まで電車で行き勇おじさんの石碑に会いにいきました。東京の電車はやっぱり難しいです。降りるべき板橋駅2回通り過ごしてしまいました。1回は快速に乗ってしまい赤羽まで行ってしまいました。昔から電車は苦手です。


IMG_63441.jpg
 
夕方にバイクを引き取りに有明港に電車と徒歩で辿り着きました。台風の影響でフェリーの到着が2時間くらい遅れているようなのでマルエーフェリーの待合室で携帯を見てるとちょうど沖縄の金さんから電話があり「小林さんの家、大変なことになってるよ!」台風で倉庫コンテナと嫁さんの軽が転がっているそうです。

CIMG0127.jpg 
翌日、金さん達が車を起しにきてくれました。横転した車の後ろにボイラー用の灯油タンクとプロパンガスのボンベが2本ありますが無傷でした。車からガソリンも流れていたので危なかったそうです。金さん、上原さんいつも本当にありがとうございます。

528698_284740261626621_166713953_n.jpg 
さてさて、フェリーがだいぶ遅れてバイクがでてきたのが夜7時。長旅を終えたばかりのバイクに跨がり次の目的地は大洗港。そうです、そこから北海道は苫小牧までバイクと同乗のフェリー旅です。ようやく旅の気分になってきました。

テーマ : ツーリング
ジャンル : 車・バイク

R.O.T.D.T終了

IMG_63901.jpg
日本縦断ツアーから無事帰還いたしました。今回も素晴らしい体験ができました。少しずつブログをアップしていきますので宜しくお願いいたします。
プロフィール

ししゅう屋シンペー

Author:ししゅう屋シンペー
刺繍屋アディクションズ TEL:0980-51-4110
Address:905-1634
沖縄県名護市運天原514-10
営業時間 13:00~19:00 不定休、イベントなどで臨時休業あり
ADDICTIONS公式 H.P

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ